<WGC-キャデラック・マッチプレー選手権 4日目◇2日◇TPCハーディングパーク>
 「WGC-キャデラック・マッチプレー選手権」はこの日からグループ予選を突破した16人による決勝トーナメントに突入した。
米国男子ツアーを特選フォトで振り返る!
 日本勢で唯一この大会に出場した松山英樹は世界No.1プレーヤーのローリー・マキロイ(北アイルランド)と激突。序盤からリードを許すと、その後は終始マキロイのペースに。ハーフで4アップと大差をつけられると、10番、12番も奪われ、6&5で13番で決着。完敗だった。
 マキロイは準々決勝に進出。次の相手はポール・ケーシー(イングランド)となった。ベテランのジム・フューリクも8強に、リッキー・ファウラー(米国)はルイ・ウーストハウゼン(南アフリカ)に敗れ敗退した。
 2回戦の組み合わせは以下の通り。
【決勝トーナメント2回戦】
ローリー・マキロイ VS ポール・ケーシー
トミー・フリートウッド VS ダニー・ウィレット
ジョン・センデン VS ゲーリー・ウッドランド
ルイ・ウーストハウゼン VS ジム・フューリク