米軍主導の空爆でシリア市民52人が死亡 人権監視団は誤爆と報道

ざっくり言うと

  • 米国主導が1日、シリアの村を空爆し7人の子どもを含む52人が死亡した
  • シリア人権監視団は誤爆としており、ほかに13人が行方不明となっている
  • これまでにシリアで、66人の市民が空爆で死亡しているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング