春なのに手足は冷たいまま。がんこな「冷え症」のメカニズムを徹底解剖 

写真拡大

外はポカポカなのに、足先や手先には冷たい感覚。まるで血が通っていないような、1年じゅう靴下が手放せない…そんな「冷え症」は、「血のめぐりの悪さ」が原因!? そのメカニズムを、徹底解明します!

元の記事を見る

外はポカポカなのに、足先や手先には冷たい感覚。まるで血が通っていないような、一年じゅう靴下が手放せない…そんな「冷え症」は、「血のめぐりの悪さ」が原因!­ そのメカニズムを、徹底解明します!

­

冷えは脳が送り出す指令から


­

わたしたちの心臓から送り出されたきれいな血液「動脈血」は、体のすみずみを回ったあと老廃物などを運ぶ静脈血となり、内蔵へと循環しています。その働きで体内温度は、通常37度前後に保たれています。ここで体が冷たい環境にさらされると、脳はこの体内温度を下げないようにと新陳代謝を低下させ、抹消の血管をぎゅっと収縮させてなるべく血液を送らない指令を出します。そのため心臓からいちばん遠い手先、足先の血行が悪くなり「冷たい」という感覚におちいるわけです。

­

生活習慣が冷えへの防御機能を狂わせる


­

この新陳代謝の働きをつかさどるのが自律神経です。健康な人は、体が一時的に冷やされたとしても自律神経がすぐ反応して体温を調節したり、厚着をしようとするなど、寒さへの対応ができます。しかし、冷房を好んだり、ナマ足やミニスカートを好むなど、体を冷やす生活を何年も繰り返していた場合、自律神経に狂いが生じているので、寒さに対する防御が遅くなります。体温を失ってから初めて寒いと感じるので、なかなか自力であたたかい状態を回復できなくなり、「冷え症」となってしまうのです。

­

冷え症は病気?


­

西洋医学的には「冷え症」について、病気、または病気を起こすものという概念はありません。しかし東洋医学的では血のトラブル、「お瘀血」と呼び、病気のひとつとしてとらえています。

血液には、新鮮な酸素や栄養素を体のすみずみに運んだあと、排出された二酸化炭素や老廃物を回収する役割があります。冷えによって血行が悪くなると、回収されなかった疲労物質が細胞にたまって、こり、痛みなどさまざまなトラブルを引き起こすのです。

病的な症状として、たいていはその人のいちばん弱い部位にあらわれますが、女性の場合は特に、婦人科系の病気に結びつきやすいようです。これは子宮が、生理によって新しい血液の補充を特に必要とする場所であり、しかも心臓から比較的遠くにあるため。血行の悪さによるダメージをうけやすいのです。

­

「暑がり」「ほてり」も危険信号


­

「私は暑がりだから冷え症には関係ない」「冬だってくつ下をはかないわ」と言う人も、実はもう冷えが始まっているのかもしれません。一見関係のなさそうな「ほてり」も冷えの裏返しだからです。

「ほてり」とは、氷水に手をつけて出したとき、ぽっとほてって感じる、これと同じ状態です。冷えたところに体が防御反応として、酸素がじゅうぶん入った血液をめぐらせてあたためようとしているわけです。

また、冷えによって下半身の血行が悪くなると、行き場のなくなった血液が上半身にとどこおり、「冷えのぼせ」の状態になります。頭痛や肩が張る、頭がのぼせるといった症状はこれらが原因です。

ほてるから、のぼせるからと一年じゅう薄着でいたり、冷たいものをとりすぎていると、その状態があたりまえとなって冷えに反応する能力すらなくなり、重い冷え症となってしまことが。年齢を重ねるごとに重症化は進むので注意が必要なのです。

­

冷えの改善は、生活習慣の改善からスタート


­

冷え症を改善させるには、体、とくに冷えている足や手を保温すること、規則正しい生活を送り、バランスのいい栄養をとって適度な運度を続けることが基本。あわせて、冷え症に長年のノウハウをもつ漢方治療を、体を暖める努力を続けながら行うのも効果的。その場合は専門の病院、薬局によく相談し、体の状態にあわせて処方してもらいましょう。

­

※出典:雑誌『Como』(主婦の友社)

­