ネットで話題!わずか5秒で、嘘つきを見分ける「Qテスト」とは?

写真拡大

これは世界中で話題の「嘘の上手い、下手」を見分けるテスト。発案者は、イギリスのハートフォードシャー大学の心理学教授であり、プロのマジシャンでもあるリチャード・ワイズマン博士。動画内では、彼が実際にこの嘘つきテストを紹介しています。必要な時間はたったの5秒です。

5秒で嘘つきかわかるテスト
-実験-

<注意>
このテストを実践することで、嘘がうまいかどうか、がわかってしまいます。

step1. 利き手の人差し指を出しますstep2. その指で自分の額にアルファベットの"Q"を書きますstep3. "Q"の先端部分が左右のどちらかに流れたかを覚えておいてください

テストは以上。あっという間に終了です。

QReference : Kristian Bjornard

あなたは正直者?それとも…
-結果-

さて、気になる結果です!

「Qの先端部分が左方向へ流れた人」

相手から見て正しく”Q”が書け、自分から見たら鏡文字になっている場合。

結果:嘘をつくのが得意な傾向あり。

解説:相手にわかるように”Q”を書いたということは、周りにわざわざわかるように字を反転させたということになります。そのような人は、社交的で周りから注目されることを好みます。そのため良く見られようと、嘘もつきやすいそうです。

「Qの先端部分が右方向へ流れた人」

自分から見て正しく”Q”が書け、相手から見たら鏡文字になっている場合。

結果:嘘をつくのが苦手な傾向あり。

解説:自分だけが読めるように”Q”を書き、相手からはわからない文字を書いてしまっています。自分だけ理解し、周りにはわからせないこのタイプは、内向的で、他人にあまり左右されない人に多く見られるとのこと。そのため、嘘も苦手だそうです。

 Reference:In59seconds , Business Insider , Medical Daily