アナ・ケンドリック、ザック・エフロンと共演へ!

写真拡大

アナ・ケンドリックが新作『マイク・アンド・デイブ・ニード・ウェディング・デイツ』でザック・エフロンと共演することになった。

2人の女性の恋愛模様を描く

米ウェブサイト、クレイグリストに結婚式の日取りを掲載した2人の兄弟とその掲載を見て応募してきた破天荒ながらも美しい2人の女性の恋愛模様を描く実話に基づいたこのコメディ映画で、アナはザック演じる男性の相手役を演じることになるようで、アダム・デヴァインがザックの兄弟役を担うようだ。

ジェイク・シマンスキーが監督を務めるこの作品の脚本は『ネイバーズ』のアンドリュー・J・コーエンとブレンダン・オブライエンが担当するとエンパイア・オンラインが報じている。

『テーブル19』 『ピッチ・パーフェクト2』の出演が決まっているほか、今年公開の『ザ・ラスト・ファイブ・イヤーズ』にも出演しているアナにとって忙しい1年となりそうだ。そんなアナはミュージカルを映画化する『ザ・ラスト・ファイブ・イヤーズ』のオーディションを受けに行った際、本当にこの役にふさわしいかどうかチェックするべくブロードウェイ・ソングライターのジェイソン・ロバート・ブラウンの前で歌を歌わされるという場面に直面したそうで「私が本当に歌うことができるかどうか彼らは確かにしたいんだろうとは思っていたわ。そして私はジェイソンの家に行って彼の前でミュージカルの中からの2曲を歌わなくてはいけなかったのよ。本当に恐ろしい経験だったわ」と当時の心境を明かしている。

Written&Photo by bangshowbiz