少女漫画やドラマのようなシチュエーションに憧れ!

写真拡大

壁ドン」や「顎クイ」、さらに榮倉奈々と豊川悦司のW主演の映画『娚の一生』で登場した「足キス」など、女性にとって憧れの恋愛シチュエーションというものは多数に及ぶ。しかし、話題になっているとはいえ、本当に女性たちはこれらのシチュエーションに憧れているのだろうか。

 セクシャルヘルスケアブランド「エルシーラブコスメティック」が運営する恋愛ニュースサイト『ラブリサーチ』の調査を参考に、20代〜30代の女性に「好きな人にして欲しい憧れのシチュエーション」を聞いてみた。

憧れの1番人気は「床ドン」と判明

『ラブリサーチ』の調査結果によると、結果は以下の通り。

1位 男性が女性を床に押し倒す「床ドン」……87人(28.9%)
2位 男性が女性のあごをクイッと持ち上げる「顎クイ」……66人(21.9%)
3位 男性が女性を壁際に追い詰め、壁をドンと突く「壁ドン」……62人(20.6%)
4位 男性が女性の肩にズーンと頭をもたれる「肩ズン」……38人(12.6%)
5位 男性が女性の足を持ちあげてキスをする「足キス」……9人(3.0%)
6位 男性が足を女性の股の間に入れて、ドンと壁を蹴る「股ドン」……6人(2.0%)
その他(自由回答)……33人(11.0%)

 調査に回答した女性301名のうち87名が「床ドン」と回答。実に3割近い数値だ。男性から床に押し倒されたいという女性は多いとわかる。

「床ドンはその後の展開を期待するのでドキドキ感がハンパないです。上に乗られているって時点で、いろいろと想像してしまいますよね」(30歳/サービス)

「男らしくていい。好きな人相手なら、少し強引にされるほうがときめきます。床ドンは完全に逃げられない雰囲気になるので、M心もくすぐられます」(28歳/IT)

 床ドンをされたあと、そのまま……という展開を期待する女性もいるようだ。その後になにをされるか想像しやすい分、気持ちの高揚は大きいのかもしれない。

2位、3位は「顎クイ」と「壁ドン」

 続いて、「顎クイ」は66名(21.9%)、「壁ドン」は62名(20.6%)と同じくらいの人気ぶりを誇る。 「キスを予感させる顎クイはたまりませんね。壁ドンからの顎クイだともっと理想。顔に手が触れるのは相手の体温も感じられて安心します」(26歳/貿易)

「壁ドンはドラマ『きょうは会社休みます。』の影響もあって、憧れの一つとなりました。床ドンよりも優しい印象があって、あまり怖くないのもいい」(30歳/アパレル)

 少女漫画でも定番の「顎クイ」や「壁ドン」。「子どものころから憧れていた」という声も多くあった。

ランク外ながら「後ろからのハグ」も人気

 4位の「肩ズン」は38名(12.6%)で1割ほどいるが、トヨエツの映画で話題となった「足キス」はたったの9名(3.0%)という結果。

「肩ズンは甘えられている気がして母性本能がくすぐられますね。甘える男性って大好きなので、グッときます」(32歳/介護)

「足キスって、本当に愛している相手にしかできないと思う」(30歳/運輸)

 足キスについては「臭いそうで嫌!」という声も聞くが、それだけに愛情表現としては十分な行為ではないだろうか。「お姫様気分になる」という好意的な声もある。

 憧れのシチュエーションで1位を獲得した「床ドン」。これをできる環境はなかなかなさそうだが、もしできるタイミングがあったら試してみてはいかがだろうか。壁ドン→顎クイ→床ドンという人気シチュエーションをトリプルコンボで行えば、女性を虜にできるかもしれない。

 ちなみに、「その他」の自由回答のなかで目立ったのは「後ろからギュッと抱きしめられる」というもの。少々古いが、ドラマ『あすなろ白書』の中でキムタクが演じたシーンが印象深く、「あすなろ抱き」と呼んで「一度されてみたい」と熱望する女子も。少女漫画や恋愛ドラマの王道に憧れる女性は多いようだ。

(取材・文/神之れい)