猛チャージで1打差に迫った藤田!(撮影:ALBA)

写真拡大

<サイバーエージェント レディス 2日目◇2日◇鶴舞カントリー倶楽部・西コース(6,515ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー『サイバーエージェント レディス』の2日目。全選手がハーフターンを終え、初日1オーバー21位タイとしていた藤田光里が3番、4番、さらに10番から3連続バーディでトータル3アンダーまで伸ばし1打差2位に急浮上した。

 また、初日首位に立った申ジエ(韓国)が前半パープレーながら首位をキープし後半へ入った。藤田と並び2位にはフェービー・ヤオ(台湾)がつける。
 トータル2アンダー4位タイにはイ・ボミ(韓国)と西山ゆかりの2人。続くトータル1アンダー6位タイにはアン・ソンジュ(韓国)、木戸愛、大和笑莉奈、ぺ・ヒキョン(韓国)が並ぶ。さらに笠りつ子、菊地絵理香、吉田弓美子ら8人がトータルイーブンパー10位タイで続く。

<ゴルフ情報ALBA.Net>