「オープンデザイン」、これからの可能性とは?  5/10(日)トークイヴェントを開催

写真拡大

【5月10日(日)、鎌倉でトークイヴェントを開催】
鎌倉を中心に活動している職人とデザイナーのものづくりユニット「KULUSKA」、日本のデジタルファブリケーションを牽引するFabLab Kamakura代表の渡辺ゆうか、『WIRED』日本版 編集長 若林恵の3名が登壇し、「オープンデザイン」の未来を探る。

「「オープンデザイン」、これからの可能性とは? 5/10(日)トークイヴェントを開催」の写真・リンク付きの記事はこちら
WXD レクチャー&ワークショップ 第1弾
トークイヴェント「オープンデザインの可能性」

日時:5月10日(日)20:00 - 22:00(19:45開場)

場所:ANTz(神奈川県鎌倉市小町2-14-7 かまくら春秋スクエア2階)

協力:FabLab Kamakura / 旅する仕事場

>>トークイヴェントに申し込む

※ワークショップはすでに定員となったため、お申し込みいただけるのはトークイヴェントのみとなります。

モノをつくるプロセスにデジタルデータが利用されるようになったことで、クリエイティヴコモンズの元に自由にそれを利用し、改変できるという新たなデザインの枠組み「オープンデザイン」が広がりつつある。

KULUSKAは、藤本直紀と藤本あやのふたりからなるものづくりユニットだ。手仕事だからこそ生まれるアイデアと、デジタルファブリケーションを活用した、手の届きやすいものづくりをテーマに活動している。

モノをつくるプロセスにデジタルデータが利用されるようになったことで、既存のデザインを使いながら、地域の特性や素材を盛り込むことが可能になった。

法律や著作権で守られている「改変することのできないデザイン」ではなく、クリエイティヴコモンズの元に自由にそれを利用し、改変できるという新たなデザインの枠組みを、彼らは広げようとしている。

KULUSKAがオープンデザインのプロジェクトを始めたのは偶然だったという。ふたりがデザインしたスリッパをアフリカでつくりたいという問い合わせがあり、そのデータをアフリカに送ったところ、世界のFablabを中心に、さまざまなスリッパがデザインされ、つくられていったそうだ。

ある時には、アフリカで作成された米オバマ大統領の顔が描かれたスリッパが、オバマ大統領の祖母に贈られた。そして、それを喜ぶ彼女の姿が撮影され、その写真がアメリカに送られ、オバマ大統領は、自分の顔の印刷されたサンダルを祖母が喜ぶ姿がプリントされたスリッパを贈られた。

WIREDが5月10日から約1カ月間にわたって開催するイヴェント「WXD(ワイアード・バイ・デザイン)」の初回は、KULUSKAとスリッパをつくるワークショップとトークイヴェントを開催する。ワークショップのチケットは情報公開後、早々に完売した。その後に開催するトークイヴェントも完売間近。この貴重な機会をお見逃しなく!

KULUSKA クルスカ(藤本直紀・藤本あや)
藤本直紀と藤本あやのものづくりユニット。世界各地を旅しながら、現地にある素材を使用して、地域の人と共にアイデアをかたちにする「旅するデザインOpen Design Project」展開している自分でつくれる人を増やしたいという思いから、「自分でつくる教室」やワークショップを主催。現在、日本のものづくりの現状や、オープンデザインを伝えるドキュメンタリー映画を製作中。
http://kuluska-japan.com/

渡辺ゆうか
多摩美術大学環境デザイン学科卒業後、都市計画、デザイン事務所を経て、2010年ファブラボジャパンに参加。2011年5月東アジア初のファブラボのひとつである、ファブラボ鎌倉を田中浩也氏と共同設立し、2012年にFabLabKamakura,LLC を立ち上げ代表をつとめる。地域と世界を結び、デジタル工作機械の普及により実現する21世紀型の創造的学習環境構築に向けて、世代や領域を横断した活動を展開している。
http://www.fablabkamakura.com/

WXD レクチャー&ワークショップ 第1弾
トークイヴェント「オープンデザインの可能性」

日時:5月10日(日)20:00 - 22:00(19:45開場)

登壇者:
藤本直紀&藤本あや(KULUSKA)
渡辺ゆうか(FabLab Kamakura代表)
若林 恵(『WIRED』日本版 編集長)

場所:ANTz(神奈川県鎌倉市小町2-14-7 かまくら春秋スクエア2階)

定員:15名

参加費:2,500円
(トークイヴェントのみ参加の場合。ワークショップに参加された方はトークイヴェントにもご参加いただけます)

協力:FabLab Kamakura / 旅する仕事場

>>トークイヴェントに申し込む

これからのデザインを体験する! 「ワイアード・バイ・デザイン(WXD)」イヴェント開催

5月10日(日)からの約1カ月間にわたり日本各地でさまざまなテーマで行われるワークショップと、6月6日(土)に行われる1Dayカンファレンスを通して、ぼくらをとりまくあらゆる「デザイン」について考え、体験しよう! 詳細はこちらから。

WXD特集サイト:「デザイン」をリデザインする25の視点

デザインは、いまのあたりまえをちょっとずつ疑う方法であり、実験だ。3月10日に発売された雑誌の特集「ワイアード・バイ・デザイン」では、デザインの領域を拡張し、新しいものの見方を提示する25の事例を掲載している。そこで紹介したデザイナーや企業サイト、その関連動画や参考書籍をまとめて紹介。

TAG

DesignDigital FabricationEventMakersWXD