新バットマンのベン・アフレックがメール流出で炎上? セレブの“先祖”で一喜一憂するアメリカ人たち
 俳優ベン・アフレック(42歳)の“先祖”がアメリカで問題になっています。

 きっかけは、専門家が総力を挙げてセレブの家系図を掘り起こし、先祖がどんな人物だったのかを探し出すドキュメンタリー番組『Finding Your Roots』に関するメールの流出。

 4月16日に内部告発サイト『ウィキリークス』によって公表された番組制作者のメールのやり取りから、先祖に奴隷主(奴隷を所有していた地主)がいた事実を公表しないよう、ベンが番組側に依頼していたことが明らかになったのです。

◆「やはり隠すべきではなかった」とFBで謝罪

 実際、昨秋に放映された番組では、奴隷主の先祖に関しては一切触れられていません。

『Daily Mail』では、「ネガティブな事実を隠し、盟友マット・デーモンと遠い親戚であることや、独立戦争や公民権運動に参加した先祖のことなど、ポジティブな部分にだけクローズアップした偏った内容になっていた」と報じています。

 この騒動に関してベンは、4月21日に自身のフェイスブック上で謝罪。「事実を知ったときはとても恥ずかしく思ったし、考えるだけで口の中に嫌な味が広がった」と当時の心情を語った上で、自分の判断に非があったことを認めました。

 また、翌日には奴隷主の先祖名やベンとのつながりについても発表。真摯に対応する様子に、ネット上の炎もやや鎮火しつつあります。

 今回のことで問題視されているのは“先祖が何者だったのか?”という事実ではなく、それを隠そうとしたベンの姿勢。リベラルな発言で知られているスターだっただけに余計に波紋を呼んだのです。

◆魔女、夫殺し、セレブの先祖いろいろ

 移民の多いアメリカでは先祖探しにハマっている人が大勢いるため、こうした番組は大人気。『Finding Your Roots』のほかにも『Who Do You Think You Are?』が放映されています。

 2つの番組はこれまで、ズーイ・ディシャネルに奴隷制度廃止を求める活動家、レイチェル・マクアダムスに英国貴族の屋敷に仕える使用人、グウィネス・パルトロウに母、弟、娘を亡くし精神のバランスを崩してしまった先祖がいたことなどを探し当ててきました。

 他のセレブにはどんな先祖がいたのでしょう? 最後に米ゴシップ誌も注目した衝撃的なものを紹介します。

●魔女

 映画『セックス・アンド・ザ・シティ3』製作の噂が出ているサラ・ジェシカ・パーカー(50歳)。彼女には魔女の疑いをかけられたエルウェルという名の先祖がいました。

「エルウェルの生霊が人の首をしめているのを目撃した」という根も葉もない噂で、魔女狩りの餌食になったサラの先祖。幸いにも、直前に魔女裁判が中止になり、エルウェルが命を落とすことはありませんでした。

●夫殺し

 同じく『セックス・アンド・ザ・シティ』OBのシンシア・ニクソン(49歳)。彼女には夫を斧で殺した先祖がいました。日常的に夫ノアから暴力を受けていた妻マーサ。ある朝、一度起きて朝食を作り始めたものの、夫が寝ている寝室に戻って彼の頭を力いっぱい斧で切りつけたのです。

●妻と血縁関係

 ケヴィン・ベーコン(56歳)には先祖に英国王エドワード1世、遠い親戚にブラッド・ピットやオバマ大統領がいることが明らかになりました。しかも、なんと妻とも親戚関係であることが判明!

 王や大統領との血縁関係には「みんなもっと俺に敬意を払うべきだ」とご満悦でしたが、妻との関係はそれが“遠い血縁”とわかっていてもショックを受けたようでした。

Source:
「Daily Mail」http://dailym.ai/1ITkoLc,
「 Face Book」http://on.fb.me/1cZr1hZ
「Finding Your Roots」http://to.pbs.org/1a4MrST
「Who Do you Think You Are」http://bit.ly/1byNkKW

<TEXT/橘エコ>

【橘エコ】
アメリカ在住のアラフォー・ブロガー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。大学事務と米大手スーパーマーケット勤務の二足のわらじを履いてアメリカカルチャーの裏側を探る、自称アメカジスパイ。ハリウッド最新映画レビューやゴシップ情報などのほか、アメリカ女子を定点観測してはその実情をブログで発信中。WEBマガジン「milkik」では「アメかじシネマ」「愉快なアメリカ女子」を連載中(http://milkik.com/)