「インナールーバー構造」の採用で、安定した送風が可能!

写真拡大

生活用品製造卸のアイリスオーヤマは、スペースをとらず、インテリア性の高さが人気のタワーファンに、複数のルーバー(送風の方向を調整する羽根状の部分)を手動で可動することによって上下にも風向きを変えられるなど、細かな風向きの調節ができる「上下ルーバータワーファン」を2015年4月27日に発売した。

タワー型で省スペースにも対応

左右・上下の風向きを細かく調節できるため、幅広い利用環境に対応して活用でき、快適にすごせる。たとえば、床に座っている時は下方向に風向きを調節したり、読書中にはファンの風でページがめくられてしまわないように風向きを変えることで、涼しさを感じながら快適に本を読むことができたりする。

ルーバーは直接手で上下させて細かな調節ができるので、好みの風向きを容易に設定できる。タワーファン本体は動かず、ルーバー部分のみ可動する「インナールーバー構造」を採用。首ふり時も本体のぐらつきや揺れが少なく、安定した送風が可能な設計になっている。

さらに、連続風やリズム風、おやすみ風などのモード切替や、3段階の風量設定も可能。タワー型なので狭い部屋や空間での利用など、省スペースのニーズに対応した。色は、シルバーとホワイト。参考価格は、1万5800円(税別)。