別冊宝島ムック『日本刀 至極の名刀92振りの足跡を辿る』(宝島社)

写真拡大

 今、日本刀が空前の大ブームとなっているらしい。刀剣を扱った本やムックもバカ売れしているとネットニュースで話題になっている。これはやっぱりあれなのだろうか。世の"右傾化"というヤツと関係しているのだろうか。

 たしかに、日本刀は右翼思想との結びつきが非常に強い。たとえば戦中、靖国神社では、靖国刀と呼ばれる軍刀が造られ、陸軍将校らに供給されていた。これは日本刀の復活を唱えた陸軍の希望によるものだったと言われている。

 戦後も、三島由紀夫が陸上自衛隊東部方面総監部に乗り込みクーデターを狙った事件の際、愛蔵の日本刀を身につけていたのは有名な話だ。帯刀していたのは関孫六という軍刀仕様の日本刀で、三島の切腹にあたって介錯にも使われた。

 近年の草の根右翼と呼ばれる人々も、日本刀との関係が取りざたされる事案がしばしば見られる。

 たとえば、2003年、外務省で日朝国交正常化交渉を担当していた審議官・田中均氏の自宅に時限爆発物が仕掛けられた事件があったが、犯人の「建国義勇軍」「国賊征伐隊」を名乗る右翼グループには、「刀剣友の会」という日本刀の愛好団体の会員が数多く参加しており、会長を務める男性が逮捕された。

 ほかにも、08年には、東京・赤坂の米国大使館前の路上で、男が日本刀を振り回し、銃刀法違反で逮捕されたことがあった。男は右翼団体の構成員を自称していたと報じられている。

 実際、今年1月に発売されたムック『日本刀 至極の名刀92振りの足跡を辿る』(宝島社)を読んでみると、こんなリードが書かれていた。

「神話の時代から、日本民族の守りの象徴として剣が存在してきた」
「しかし今に生きる私たちは感じることができるのだろうか。先人が遺した刀に込められたメッセージを。粋で洗練された、古来日本人が持つ魂を」
「私たちは忘れてはいないだろうか。長い間培われてきた日本の高い美意識を」

 つまり、右翼思想がどんどん薄まりながら広まって大量のネトウヨをつくりだしたみたいに、一部の右翼が愛好していた日本刀がネトウヨたちにうっすらと浸透し、ブームになっているということではないのか。そんな疑念がアタマから離れないのだ。

 もっとも、このままだと筆者の仮説にすぎないので、ウラをとるため都内大型書店へと取材に赴き、売り場担当者に聞いてみた。

「たしかに"刀剣本"の売れ行きはすごいですね。宝島社のムック『日本刀』はうちの書店ではたちまち売り切れて、追加注文も出しました。ほかの刀剣本も好調ですよ」(書店員売り場担当者)

 刀剣本はやはり本当に売れているらしい。いずれも昨年出版された、ビジュアルつき刀剣ムック『歴史人別冊SPECIAL 日本刀大図鑑』(KKベストセラーズ)や、日本刀愛好のための入門書的な文庫本『日本刀 妖しい魅力にハマる本』(KADOKAWA 夢文庫)などは、年明けから突然、大きく売れ行きが伸びているという。だが、いったいどういう人たちが買って行ったのか。

「以前は40代から50代の男性が購買層でしたが、今年に入ってから、若い女性ばかりが次々と刀剣本を買って行くので、驚いています」(前出・書店員売り場担当者)

 ほ〜ら、やっぱりネトウヨ......と思ったら、なんとうら若き乙女たちが日本刀を眺めて「ハアハア」と興奮しているらしいのだ。そういえば、少し前に若い女子の間で刀剣がブームだとか言う話を聞いたことがあるが、まさか本当だったなんて。しかし、なんで?

「明らかに、今年のはじめに流行し始めた『刀剣乱舞』というゲームの影響があります。イケメンに擬人化した日本刀を育成し、戦わせるゲームですね」(前同)

 気になって調べてみると、『刀剣乱舞』は今年の1月にサービスを開始するやいなや、たちまち盛況をみせているというブラウザゲームらしい。運営元は『艦これ』で知られるDMM.comで、ソフトをインストールする必要のない手軽さも『艦これ』と同じだ。さらに『魔法少女まどか☆マギカ』の脚本担当で有名な、今ゲームアニメ業界でもっとも売れているシナリオライター・虚淵玄氏が所属するニトロプラスが、『刀剣乱舞』の原案とキャラクターデザインを担当しているようだ。

 ゲームの内容は、公式サイトによれば〈名だたる名刀が戦士の姿となった刀剣男士。あなたは刀剣男士たちの主となって彼らを育て、強化し、自分だけの白刃隊を結成しよう〉ということで、実在の日本刀をモデルにした美少年キャラたちが多数登場し、くんずほぐれつの模様......いやはや、これだけ売れる要素が盛り込まれていると、婦女子の方々が日本刀に殺到するのも頷ける。

 しかし、日本刀ブームのもとが『刀剣乱舞』だったと聞いて思い出したのが、去年、朝日新聞に掲載され、物議をかもした『艦これ』についての投稿文だ。投稿者は75歳の男性で、こんな指摘をしていた。

「(『艦これ』のブームは)戦争体験者である私にとっては心を震撼させるに十分のように思えた。時の政府は右傾化を強め、軍備強化を半ば強引に推し進めようとするように見える。それに対し、戦争を知らない人たちの中にはそれに呼応するかのごとき反応を示す者がいるのではないかと危惧する。戦争を知らない年齢層が体験した者より多くなっていく。そんな若者が、模型から本物にあこがれを持つようになっていくのではないかと心配してしまう。(略)ゲーム感覚で戦争を考えないでほしい」(朝日新聞14年5月24日付「声」)

 これにはネトウヨだけでなく、アニメファン、ゲームファンからも批判が集中。

「艦これに戦中派不安とかバカだろwwwさすが朝日新聞www」「被害妄想もたいがいにせぇや(笑)」「艦これブームを右傾化に結びつけるとか...さすがにムチャクチャすぎるわ」

 たしかに、この朝日新聞の投稿はちょっと大雑把過ぎるだろう。薄れゆく戦争忌避の意識を流行のゲームに見いだす心境は察するが、兵器や軍隊を扱った映画やプラモデルはずっと前からあったわけで、「ゲーム感覚で戦争を考えるな」、とまで言ってしまうと、それらすべてがNGということになってしまう。

 しかし、『艦これ』ブームと右傾化が全く関係ないかというと、そうではないだろう。少なくとも、軍艦が擬人化されて「萌え〜」になったことと、ネトウヨの増殖には共通の背景がある。それは本物の戦争への無知と浅薄な自意識だ。

 彼らは人と人が殺し合う本当の残酷さや人間性まで破壊される凄絶な実態をまったく知ろうともせず、かっこいい戦闘シーンと使命感や勇壮さに満ちた人々を描く右傾エンタメで、ひたすら美化された戦争のイメージを増幅させてきた。そのイメージが、一方で「愛する人のために自分を犠牲にすることをいとわず、規律正しく戦った美しい日本の軍隊を取り戻したい」というお手軽なネトウヨ思想を生み、もう一方では、殺戮と侵略の道具だった日本の軍艦を美少女にするという悪い冗談のようなコンテンツを生み出したのだ。

 それは、今、ブームになっている日本刀も同様だろう。たかだか1000年の歴史しかなく、日本の人口の1割も満たない階級がもっていたにすぎない武器を「日本民族の守りの象徴」「古来日本人が持つ魂」などと平気で言ってしまう歴史認識の上に、『刀剣乱舞』というゲームがあり、刀剣本のブームがある。

 何もネトウヨや刀剣に興奮する女子、軍艦美少女に萌えるオタクだけではない。れっきとした保守論客も同様だ。

 そのことがよくわかるのが、ちょっと前に文庫化された『ゼロ戦と日本刀』(PHP文庫)なる一冊だ。このなかに『永遠の0』の作者である百田尚樹氏と、「南京大虐殺はなかった」が持論の極右評論家・渡部昇一氏の対談が収録されているのだが、そこで百田氏はこんなふうに語っている。

「ゼロ戦は、あらゆる意味で日本と日本人を象徴している」「たとえるとその切れ味は、日本刀に似ています」「まさに名匠がつくった名刀といえます」「だからこそ、現在でも世界中にファンがいる。これも日本刀と似ています」

 なんというか、本当に文章で飯を食っている作家なのか?と思えるほど安直なご感想だが、結局、彼らにとって、「ゼロ戦」や「日本刀」というのは優越感を満たしてくれるわかりやすいアイコンみたいなものにすぎないのである。ここから透けて見えるのは、「ゼロ戦って世界最強だったんだぜ!日本人スゲー!」とか「日本刀のような美しい武器をつくれる日本人って......ほわああああ!」なる観念性自慰的思考回路にすぎない。

 しかし、この薄っぺらい自意識こそが今のネトウヨの群れの原動力となり、安倍政権を動かし、日本を戦前に引き戻そうとしている。

 だとしたら、同じような浅い歴史認識と薄っぺらな自意識をベースにした『艦これ』オタクや刀剣女子にもやはり言っておかねばならないだろう。

 アブナいよ、キミたち。
(宮島みつや)