新郎と新婦/明和電機公式サイトより

写真拡大

ナンセンスマシーン」の開発で知られるアートユニット・明和電機が、ロボット同士の結婚式「ロボ婚」をプロデュースすることを発表した。6月27日(土)に東京のミュージックレストラン・青山CAYで開催される。

【ついにロボットも結婚する時代! 衝撃の「ロボ婚」が開催の画像・動画をすべて見る】

新郎は明和電機が開発した、お風呂の椅子が頭のロボット「フロイスロボ」。新婦は藤堂高行さんが開発した、某アイドル似のアイコンタクトロボット「ロボリン」。さらに司会は、今話題の感情認識ロボット「Pepper」と、お笑い芸人の陣内智則さんという異色のコンビが務める。

式では、豪華ゲストによる余興や、ロボット式お色直し(バージョンアップ)、思い出ムービー、花嫁からの手紙まで、本物の結婚式さながらの企画が予定されている。チケットは明和電機の公式サイトより購入でき、申し込むと自宅まで招待状が郵送されるとのこと。

中小企業スタイルでナンセンスマシーンを製作!


unnamed (1)

招待状イメージ



この斬新な企画をプロデュースするのは、青い作業服を着用するなど、独特のスタイルで次々と「ナンセンス」な作品を生み出している「明和電機」。さまざまな声の機械「ボイスメカニクスシリーズ」として開発された、電子楽器オモチャ「オタマトーン」は、日本おもちゃ大賞2010のハイターゲットトイ部門にて大賞を受賞している。

かつてない、ロボット同士の結婚!?





今回新郎となっている「フロイスロボ」は、お風呂の椅子などの安価な材料によって制作された着ぐるみロボット。実は北陸限定で流れているパチンコ屋さんのCMにも登場しており、知る人ぞ知る有名ロボットだそう。

231_3702-3303

GAZEROID/TOKYO DESIGN WEEK2014公式サイトより



新婦の「ロボリン」は、製作者の藤堂さんが大学院の卒業制作として開発したヒューマノイドロボット。2014年に幕張メッセで行われた「ニコニコ超会議3」で展示された際、AKB48の柏木由紀さんに怖いほど似すぎていると話題になった。

結婚式中は、写真撮影も可能。帰りには引き出物まで用意されているようだ。

ロボットだらけという、前代未聞の近未来結婚式を体験してみたい人は、ぜひ参加してみよう。