それじゃ無理でしょ! 「貯まらない女子」のNGマネー習慣4つ

写真拡大

「人並みに生活しているだけなのに、なぜかお金が貯まらない……」と思っているなら、もしかするとその生活に理由があるのかも? 働く女子に日ごろから「お金が貯まらない!」が口癖のNGマネー習慣を持っている女性について聞いてみました。

Q.あなたのまわりに、お金が貯まらないと日ごろから言っている女性はいますか?

いる……29.3%
いない……70.7%

今回のアンケートでは周囲に「お金が貯まらない」が口癖の女性がいる、と答えた方が約3割という結果でした。金銭感覚は結婚後の生活を左右しかねないため、しっかり身につけようとする女性が多いのかもしれませんね。では逆に金銭感覚がひどい女性はどんな傾向があるのか、詳しく聞いてみましょう。

■こまごまとした無駄遣いが多い

・「とにかく無駄遣いが多い。ちょっと喉が乾いたら安易に自販機で飲み物を買ったり、食事は外食ばかりだったり、コンビニで定価で買い物したり、チラシとか見てないし、出費を抑えようという努力をしていない」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「毎日必ずお金を使っている。ペットボトルの飲み物やおやつを買ったり、ランチに行ったりと、小さい出費が重なっている」(30歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)

日ごろから「お金が貯まらない」が口癖の女性ほど、こまごまとした無駄遣いを重ねていて、「ちりも積もれば山」な出費をしていることが多いよう。上記のような習慣があるなら要注意。気がつかないうちに貯蓄できない体質になっているかもしれません。

■交友関係が広すぎる

・「飲み代にけっこう使っている」(30歳/金融・証券/営業職)

・「とにかく、あと先考えずにほしいものはどんどん買ってしまったり、交友関係が広い人は交際費もかかるから貯まらないと思う」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

交友関係が広すぎると、その関係をキープするために外出や買い物、外食費などが増えてしまうため、出費がふくらみやすいよう。人脈・交友関係はチャンスやお金を増やしてくれ、困ったときの支えとなってくれる大切なものですが、お金の使い方には気を配るほうがよさそうです。

■お得なものを大量買い

・「『お得だから』といって大容量のものなどを買って、結局無駄にする。得したいのに一番損をしていると思うから」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「衝動買いが多いです。セール品や限定商品を見るとすぐに購入しています」(32歳/ソフトウェア/事務系専門職)

ひとつひとつを見ればお得なものなのに、それを大量に買ってしまうせいで、結局損しているのもお金が貯まらない女子の特徴。いくら安くても、使わないものを買うのならあまり意味ないですよね。買い物には見極めも肝心です。

■多額出費する習慣がある

・「海外旅行など、一度の出費が大きいから、貯めたお金が一気になくなる」(32歳/その他/事務系専門職)

・「自分へのご褒美といって、高級なバッグや化粧品を買いまくっている」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

「自分へのご褒美」など、何かと言い訳をつけては多額出費する傾向のある人も、貯金ができにくい体質。このタイプでどうしても多額出費がやめられないなら、普通の貯金とは別に「ご褒美貯金」をしておくといいのかもしれません。

ほかの人とあまり変わらない生活をしているのに、なぜか自分だけは貯金ができない……と思っているなら、知らず知らずの間にこんなNGマネー習慣が身についているのかもしれません。貯金するには、まずはお金への意識を変えることが大事。上記習慣に覚えがあるなら、ぜひこの機会に生活を見直してみましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年4月にWebアンケート。有効回答数164件(22歳〜34歳の働く女性)