「どえりゃあええ」というパターで次々にチャンスを沈めた!(撮影:米山聡明)

写真拡大

<中日クラウンズ 2日目◇1日◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(6,545ヤード・パー70)>
 名古屋ゴルフ倶楽部・和合コースを舞台に開幕した国内男子ツアー第2戦「中日クラウンズ」。2004年、2006年の覇者・片山晋呉が6バーディ・1ボギーの“65”でラウンド。スコアを5つ伸ばしトータル3アンダー7位タイに浮上した。
『AccuLock・ACE(アキュロック・エース)』を写真でチェック!
 「なんかスコアが出た、という感じ」と振り返ったこの日のラウンド。9番で3メートルのバーディパットを決めると、折り返しての10番から3連続バーディ。一気に好位置につけると、その後も難コース和合相手に崩れることなくホールアウト。
 開幕戦を欠場するほど痛めた腰は、完治しておらず5番アイアンより上の番手ではまだ切り返しで違和感を覚える状態。そんな身体だから「復帰戦が(距離が短い)和合で助かったんだ」と微笑む。「ここは良いか悪いかどちらか。今日はそれが良いほうに出たね」。
 この日は何よりパッティングが冴えた。12番では6メートル、16番で8メートルのバーディパットを入れるなど多くの選手が「速い」と語る和合のグリーンで、長い距離を次々とカップへ放り込んだ。それを支えたのがBioMECH社の異形パター『AccuLock・ACE(アキュロック・エース)』だ。
 このパターは、USPGAツアーで堅実なゴルフに定評があるヒース・スローカム(米国)が使用しており、『ジャパンゴルフフェア2015』で片山自身が見つけて導入。「ずっとこういうカタチが良いと思ってた。自分と同じ考えの人がいたんだ!」と、すぐに取り寄せてもらったという。
 フェース面から離れた部分にシャフトがあり、ソール面が半月のようになっている一風変わったこのパター。左腕前腕部にシャフトを固定して持つことができ、右手の角度もホールドされたままブレずに打てる“アンカリング対策パター”だ。片山曰く「“良い”とかじゃなくて“入っちゃう”感じ。何か普通のパターとは別モノ。感覚とかそういうのじゃなく入る」。
 パターと2度制しているコースとの相性で上位浮上した片山だが、もう1つ後押しを受けたものがある。それは今日も多く詰め掛けた名古屋のギャラリーだ。テレビのインタビューでは「みなさんの声援を受けて4連続バーディを決めることができました。“どえりゃあ”湧いてくれましたね」と熱い声援に感謝した片山。多くのギャラリーの想いを異形パターに込めて、3度目の和合制覇を狙う。
<ゴルフ情報ALBA.Net>