"金髪ギャル"に変身した有村架純 (C) 2015映画「ビリギャル」製作委員会

写真拡大

有村架純主演の映画「ビリギャル」が、2015年5月1日に全国の映画館で公開された。

「聖徳太子」を「せいとくたこ」と読み、東西南北も地球が丸いことも知らない、成績が学年ビリの金髪ギャル、工藤さやか。高校2年生でその学力は小学4年生レベルの彼女が、1人の教師との出会いから「慶應大学合格」という無謀な目標に挑戦する。周囲の反対や伸びない成績、友だちと遊べない孤独など多くの障害を乗り越え、夢に向かって突き進むさやかの姿は、やがて周囲の人々を変え、崩壊寸前だった家族の絆を取り戻していく―。

60万部突破のベストセラー書籍「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」を映画化。金髪、ミニスカ、ギャルメイクに挑戦した有村扮するさやか。彼女と二人三脚で慶應大学現役合格へ導く坪田先生を伊藤淳史が演じる。さやかの両親を田中哲司と吉田羊、担任役を安田顕。同じ塾に通う高校生・森玲司を野村周平が演じるなど、個性派のキャスト陣が顔を揃える。監督は「いま、会いにゆきます」「ハナミズキ」などの土井裕泰。