W杯目前に…なでしこ選外の高瀬愛実、半月板損傷で全治6週間

写真拡大

 INAC神戸は1日、所属するFW高瀬愛実が右ひざ外側半月板損傷のため、全治6週間と診断されたことを発表した。

 高瀬は4月26日に開催されたなでしこリーグ第5節のASエルフェン埼玉戦で負傷。27日に検査を受け、翌日に入院。30日に手術を行った。

 高瀬は1日に発表されたFIFA女子ワールドカップ カナダ2015に出場するなでしこジャパンの登録メンバー23名から選外となっていた。