『恋人たちは濡れた』(監督:神代辰巳)©日活

写真拡大

「日活ロマンポルノ」の新プロジェクト「ROMAN PORNO REBOOT PROJECT」が開始される。

【もっと大きな画像を見る】

日活ロマンポルノは、1971年に日活が立ち上げた男性向け成人映画のレーベル。「10分に1回絡みのシーンを作る、上映時間は70分程度」といった一定のルールと製作条件以外は自由な映画表現に挑むことが可能だったため、作家性の高い若手監督らを数多く輩出し、製作終了となった1988年までの17年間に、約1100本もの作品を世に送り出してきた。

ROMAN PORNO REBOOT PROJECTでは、現在活躍している映画監督たちが現代の性と男女のドラマを描く新作の製作に加えて、旧作の上映を行い、同レーベルの「早すぎた映像表現」を鑑賞する土壌を広げていくという。

新作はBSスカパー!をパートナーとして製作され、これまでにロマンポルノ作品を手掛けていない監督を起用。製作条件は現代のフォーマットに置き換えながら、一定のルールの中で撮影するというロマンポルノの特質を引き継ぐとのこと。

さらに新作の劇場公開にあわせて、R15+指定版がBSスカパー!で放映される予定だ。

なお、日活ロマンポルノ製作開始当時には「一般映画」「成人映画」の区別しかなかったため、1998年に「成人映画」が「R-18」と改称された際にロマンポルノ作品もR-18指定となったが、映倫の再審査によって神代辰巳監督『恋人たちは濡れた』『四畳半襖の裏張り』の2作品がR15+指定となっている。