「ニコニコ超会議2015」に登場した、小林幸子さんとボブ・サップさん

写真拡大

「ニコニコのすべて(だいたい)を地上に再現する」をコンセプトに、4月25日・26日の2日間にわたって、幕張メッセで過去最大規模で開催された「ニコニコ超会議2015」。

【実録! 「ニコニコ超会議2015」 ネット発の巨大フェスが超POPなワケの画像・動画をすべて見る】

4回目の開催となる今回も、「歌ってみた」や「踊ってみた」をはじめとするユーザー主体のイベントを筆頭に、アニメ、ゲームなど多彩なエンタメコンテンツが集結し、ネットカルチャーのリアルを目撃・体感できるイベントとなった。

コメント

超会議番組に流れたコメントをリアルタイムに出力していくコメン塔にあふれる印刷されたコメント



前回開催された、2014年の「ニコニコ超会議3」では、会場来場者数は12万4,966人、ネット来場者数は786万4,158人を記録したが、今回の「ニコニコ超会議2015」では、さらに上回り、会場来場者数15万1,115人、ネット来場者数は794万495人を記録。開催毎にイベントの規模を広げながら、来場者を伸ばし続けている。

すでに次回の「ニコニコ超会議2016」開催決定も発表されている。リアルを巻き込みながら展開されたネットカルチャーの象徴的イベントを今一度、2日間にわたるハイパーエンタメカオスな超巨大イベント空間を振り返りながら、その全容に迫る!

圧倒的スケールでユーザーを迎える、ハイパーカオス空間!


開場前


開場前から幕張メッセ周辺は多くのニコニコファンが集まり、盛り上がりを見せていた。そして、迎えた午前10時、ついに「ニコニコ超会議2015」が開幕。ニコニコユーザーと運営や出展者たち、ネットカルチャーの今が生み出すカオス空間が一斉に広がった。

【ニコニコ動画】超会議2015 開幕の瞬間を捉えたっ! 全速力すぎてビックリした

「歌ってみた」といったニコニコ独自の文化をはじめ、アニメやゲーム、技術開発、料理、政治討論まで、100以上もの企画ブースは、あっという間に来場者で埋め尽くされた。

00010.MTS.00_00_03_05.Still001



中でも、「青鬼」など人気自作ホラーゲームの世界観を具現化した「超ホラーゲームお化け屋敷」は、開場するやいなや120分待ちのアナウンス。東京ディズニーランドのアトラクション待ちを思い出させるような、盛況ぶりを見せた。

【ニコニコ動画】【超会議2015】超絶怖かった…女子大生と超お化け屋敷でキャーキャーしてきた

超ボカニコステージ



人気DJやボカロPが登場する、「超ボカニコステージ」には多くのファンが押し寄せ、パフォーマンスが始まると音楽とともにペンライトが輝き、一気に盛り上がりを見せた。

リアルとネットをつなぐニコニコ超会議


大相撲超会議場所



「ニコニコ超会議」の模様は、ニコニコ生放送でインターネット配信されるため、リアルの会場に足を運んだユーザーだけでなく、遠く離れたユーザーもネットを介して楽しむことができた。

目玉企画のひとつである「大相撲超会議場所」での、niconicoで人気のMAD動画「SUMOU」を実際に再現してリアルタイムで中継画面にエフェクトなどをつけた「リアルSUMOU」。そして、「超囲碁・将棋」での人工知能と対戦できる電王ブースといった、日本伝統芸能とインターネットやテクノロジーをミックスさせたイベントも大盛況だった。

さらに、人気ロボット・PepperやVR(ヴァーチャルリアリティ)コンテツなど、最新テクノロジーを駆使した展示まで、様々な特色のブースが軒を連ねた。

リアルとインターネットを相互に行き来することで、エンタメやネットカルチャーだけに留まらず、歴史や未来までをも感じさせてくれる、そんな深みのある面白みが「ニコニコ超会議」のカオスな場には混在していた。

「ニコニコ超会議2015」で見た、全員参加の面白み!


コンパニオン


各ブースでは、出展者が渾身のコンテンツを披露するなかで、ニコニコ文化の象徴ともいえる「歌ってみた」や「踊ってみた」を彷彿とさせる、訪れたユーザーが実際に楽しめるような工夫が多く見られた。

ユーザー体験



日頃、ネットカルチャーに触れる機会の少ないような子どもたちをはじめ、年齢や性別、国籍などにとらわれず、みんながお祭りのような体験を味わうことができた。

ニコニコ文化が作り出す、予想の斜め上をゆくリアル...


ヘボコン



こちらは、技術力の低い人限定の巨大ロボットバトル・ギガヘボコンのブース。画像だけで状況を把握できる人がどれだけいるかわからないが、れっきとしたロボットコンテストなのである。

【ニコニコ動画】【超会議2015】おにぎり vs ハンガー! 技術力低いロボット同士のギガへボコンが激アツ

痛便器



検便の重要性などを広めている日本うんこ学会のブースでは、痛便器などが展示され、そのあまりのインパクトに多くの人がカメラを向けていた。

【ニコニコ動画】【超会議2015】ペッパイちゃんに殺到! pepperのおっ○いを揉んできた

ニコニコ超会議に現れる、いろんなキャラクターたち!


ざわちんさん



超コスプレ広場では、人気タレントのざわちんさんが登場。「ファイナルファンタジー」シリーズのリュックに似せた完璧なものまねメイクとコスプレを披露し、会場にあつまったレイヤーたちを沸かせた。

ニコニコ技術部



テレ東



レイヤーさん



ステージ上や、イベント企画に限らず、会場に一歩踏み込みこむと、向かう先々で個性豊かな人々に出会う。出展者や登場ゲストももちろんだが、何より「ニコニコ超会議」がユーザーにとって、自己表現することや、ネットカルチャーを体現することのできる場となっているからだろう。

エンタメカオスの縮図や! 超ニコニコ結婚式!


結婚式


恒例となっているユーザーによる挙式「超ニコニコ結婚式」が、今回はプロレスリング内で開催されていた。小林幸子さんやボブ・サップさんが一般ユーザーを囲んでエンターテインメントとしての結婚式を完成させとき、超会議の縮図を見ているような感覚を覚えた。

会場にいるだけでいろんなブースや人々を眺めているだけで、ニコニコが誇るネットカルチャーに圧倒され続けた。また、突発的なイベントやサプライズゲストも多く、そのすべてを拾い上げることは不可能だった。

無事閉幕! 天井からはリボンとコメントが降り注いだ…


てれびちゃん



今回は、インターネット配信を映し出す「ニコニコテレビちゃん」の横に、生放送に寄せられたユーザーコメントをそのままプリントアウトして配布する「コメン塔」も設置され、記念にもらっていこうとする来場者で賑わっていた。

こめんとう



閉幕



そして、2日目の閉幕を迎える瞬間には、各所の大型ビジョンに来場者が押し寄せた。「ニコニコ超会議2015」を振り返る映像が流れるとともに、次回の「ニコニコ超会議2016」の開催が宣言され、会場は大きな歓声に包まれた。

拍手



周辺には、リボンとともにそのコメントが天井から降り注ぎ、これほどカオスなイベントが無事終了した奇跡を祝福しているかのようだった。

rereIMG_0269



ニコニコ超会議2016の開催宣言と共に閉幕!無事に家に帰れました...


帰路



今回の「ニコニコ超会議2015」で起こったあまりの多くのイベントに、筆者にとっては自らの処理能力を超えた体験だった。

これからも、新旧を問わず拡張しつづけるネットカルチャー、ニコニコ文化の広がりは続くだろう。その拡大とともに、「ニコニコ超会議」が持つ意味合いもどんどんと増してゆくのではないだろうか。

単純な若者文化、ニッチなオタクカルチャーと捉えてしまう人もいるかもしれないが、会場来場者数、ネット来場者数が示すように、多くの人にとって「ニコニコ超会議」が何か大切な意味や、価値を持っていることは確かだろう。

年齢や性差、国境を超えて、これからも「ニコニコ超会議」が人々にとって、インターネットとリアルを交えて楽しめる超POPな場となってゆくことを期待する。