NHK連続テレビ小説「まれ」オリジナルサウンドトラック/ソニー・ミュージックレコーズ
4月の締め、30日(木)放送の朝ドラ「まれ」(NHK月〜土 朝8時〜)第28話は、海! トンネル! 逆光!の圭太(山崎賢人/大でなく立のほう)と一子(清水富美加)、 プール! 徹(大泉洋)と安西(六角精児)のろくでもない意気投合。同じ水場でこんなにも雰囲気が違うなんて驚きの見どころ盛りだくさんでしたが、
ひとつに絞るとしたら、板尾創路演じる紺谷課長でしょう。
ついに、父子の確執の原因を激白した板尾課長じゃなくて紺谷課長。

「俺は・・・
俺は漆にかぶれるんだ。」

「ほやけど 俺は
生きとるかぎり
このうちの敷居は またがん。
いや またがれん!

生の漆や あるさけな!」

他人から見たらたわいないことを唐突にでも真剣に語る(しかも方言になって)彼の姿に、「ごっつうええ感じ」の板尾係長(出世して課長時代もあった)を思い出しました。
こういうシュールな空気作りは板尾さんの真骨頂ですが、まわりのリアクションもその空気をもり立てていました。
板尾さん(紺谷課長)が激白した後、希(土屋太鳳)はじめ、市役所職員たちは思わず笑ってしまいますが、板尾さん(今回、板尾さんと呼びたい)がまれたちを振り返ると、みんな笑いをこらえたり、顔を背けたりします。
そのとき、新谷(山本圭祐)が女性職員・広瀬裕子(南千尋)の影になってしまいます。わざと隠れたのか、惜しくもカメラに隠れてしまったのか、微妙過ぎてわかりにくいのですが、あえてに違いないと推測します。というのは、板尾さんが語っているとき、奥の部屋にいる職員たちがそっと近寄って聞き耳を立てているところも映している細やかさなので、うっかり新谷が隠れちゃったってことはないと思うんです。
ふつうなら新谷の表情も映すところ、彼はあえて隠れて課長に表情を見せなくしている演出なのではないでしょうか。
24話の「文さんクイズ」のときも徹の前に一徹(葉山奨之)がかぶって顔が隠れてしまっているときがありました。いつでもきれいに出演者全員の顔が映ってなくてもいいという考え方なのかもしれません。
なにしろ、この回、弥太郎(中村敦夫)が、
「見えんところに魂が宿るがや。」と言っているので。その気概は「まれ」にもあると思うので。

ただ、希が「お・・・」という口をしたアップで、髪の毛が一本、顔の前にかかってしまっているのは気になりました。
まあ、これも、あえて作り込まない自然な雰囲気を狙っているのかもしれませんが。

で、板尾さんの背後の柱には、
「つなごう親子の絆」という張り紙が。
希の背後の張り紙は「祭りはほどほどに」でした。
ほどほどにしてほしいのは、徹の夢であります。
(木俣冬)

タイトルバックに驚いた。NHK朝ドラ「まれ」1話をレビュー

お金がなくても生きていける「まれ」連続レビュー2話

朝ドラファンなら大泉洋と能年玲奈との共演作をチェックすべし「まれ」3話

ダメ男たちのドラマなのか「まれ」4話

いつも笑ってる家族が欲しかったら 自分でみんなを笑わせてみよう「まれ」5話

いよいよ土屋太鳳(本名)登場「まれ」6話

公務員の魅力をキラキラ語る土屋太鳳「まれ」7話

田中裕子の魔性について考えてみた「まれ」8話

「あまちゃん」との違いは時間の描き方なのかも「まれ」9話

本当の駄目人間とは「まれ」10話

こわくても夢をかなえたい「まれ」11話

地に足のついた「夢」を「まれ」12話

祭りん時の女の言葉をちゃ鵜呑みにしたら駄目やわ「まれ」13話

大泉洋の詩的な身体「まれ」14話

貧しいならではのお菓子作りを決意。名言炸裂「まれ」15話

いきなり見込みがあるかどうか聞いてくるようなやつには見込みなんかない「まれ」16話

常盤貴子演じる希のお母さんの驚愕の過去「まれ」17話

「聖者の行進」とは何の暗示か「まれ」18話

なあんもせんかったら怒られもせんけど仕事も覚えんわいや 「まれ」19話

大泉洋、門脇麦、田中泯、板尾創路…俳優たちの名言合戦「まれ」20話

やっぱり本当の家族が強いのか「まれ」21話

希家族、引っ越す「まれ」22話

ビジネスチャンスは規則の外にあるんだよ「まれ」23話

文さんクイズとは何だったのか「まれ」24話

タイトルに秘められた謎「まれ」25話

不吉な予感の「まれ」26話

国が悪いんげんよ「まれ」27話