松山英樹は予選2連勝!決勝トーナメントへ王手(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<WGC-キャデラック・マッチプレー選手権 初日◇29日◇TPCハーディングパーク>
 サンフランシスコアにあるTPCハーディングパークで開催されている、「WGC-キャデラック・マッチプレー選手権」の2日目。この日は4選手16グループに別れた総当たり予選の第2マッチが行われた。
タイガー・ウッズと松山英樹が同組でラウンド?
 昨日の第1マッチを勝利した松山英樹はこの日オランダのヨースト・ルイテンと対戦。終盤までリードを許すも14番からの3連続バーディで逆転し2アップで勝利をおさめた。松山はこれで予選2連勝となり明日決勝トーナメント進出をかけてケビン・ナ(米国)との予選最終マッチに挑む。
 その他ローリー・マキロイ(北アイルランド)、ジョーダン・スピース(米国)、ハンター・メイハン(米国)、リッキー・ファウラー(米国)ら実力者が2連勝。明日はグループ1のマキロイとビリー・ホーシェル(米国)、グループ2のスピースとリー・ウェストウッド(イングランド)が全勝対決を迎える。
 一方でディフェンディングチャンピオンのジェイソン・デイ(オーストラリア)、アダム・スコット(オーストラリア)らが2連敗を喫するなど波乱も起きている。
2日目の結果
【グループ1】
ローリー・マキロイ(2勝)○ 2UP ×ブラント・スネデカー(2敗)
ビリー・ホーシェル(2勝)○ 3&2 ×ジェイソン・ダフナー(2敗)
【グループ2】
ジョーダン・スピース(2勝)○ 4&3 ×マット・エブリー(2敗)
リー・ウェストウッド(2勝)○ 1UP ×ミッコ・イロネン(2敗)
【グループ3】
ヘンリック・ステンソン(1勝1敗)○ 3&2 ×ブレンドン・トッド(2敗)
ビル・ハース(1勝1敗)× 4&3 ○ジョン・センデン(2勝)
【グループ4】
バッバ・ワトソン(2勝)○ 4&2 ×キーガン・ブラッドリー(2敗)
ルイ・ウーストハウゼン(2勝)○ 2UP ×ミゲル・アンヘル・ヒメネス(2敗)
【グループ5】
ジム・フューリク(1勝1敗)× 3&1 ○トンチャイ・ジェイディ(1勝1敗)
マーティン・カイマー(1勝1敗)× 1UP ○ジョージ・クッツェー(1勝1敗)
【グループ6】
ジャスティン・ローズ(1勝1敗)○1UP ×アニルバン・ラヒリ(1勝1敗)
ライアン・パーマー(2敗)× 4&3 ○マーク・リーシュマン(2勝)
【グループ7】
ジェイソン・デイ(2敗)× 4&3 ○ブランデン・グレース(1勝1敗)
ザック・ジョンソン(1勝1敗)× 2&1 ○チャーリー・ホフマン(2勝)
【グループ8】
ダスティン・ジョンソン(1勝1敗)× 1UP ○チャール・シュワーツェル(2勝)
ビクター・デュビッソン(2敗)× 2UP ○マット・ジョーンズ(1勝1敗)
【グループ9】
アダム・スコット(2敗)× 2UP ○ポール・ケーシー(2勝)
クリス・カーク(1勝1敗)○ 2&1 ×フランチェスコ・モリナリ(1勝1敗)
【グループ10】
セルヒオ・ガルシア(1勝1敗)× 2&1 ×ベルント・ウィースバーガー(1勝1敗)
ジェイミー・ドナルドソン(1勝1敗)× 1UP ○トミー・フリートウッド(1勝1敗)
【グループ11】
ジミー・ウォーカー(2敗)× 1UP ○ウェブ・シンプソン(2勝)
イアン・ポールター(2敗)× 3&2 ○ゲーリー・ウッドランド(2勝)
【グループ12】
J.B.ホームズ(1勝1敗)○ 1UP ×ラッセル・ヘンリー(2敗)
ブルックス・ケプカ(2勝)○ 1UP ×マーク・ウォーレン(1勝1敗)
【グループ13】
リッキー・ファウラー(2勝)○ 1UP ×シェーン・ローリー(1勝1敗)
グレアム・マクドウェル(2敗)× 3&1 ○ハリス・イングリッシュ(1勝1敗)
【グループ14】
マット・クーチャー(1勝1敗)○ 3&2 ×スティーブン・ギャラハー(2敗)
ハンター・メイハン(2勝)○ 5&3 ×ベン・マーティン(1勝1敗)
【グループ15】
パトリック・リード(1勝1敗)× 2&1 ○ダニー・ウィレット(2勝)
ライアン・ムーア(2敗)× 3&2 ○アンディ・サリバン(1勝1敗)
【グループ16】
松山英樹(2勝)○ 2UP ×ヨースト・ルイテン(1勝1敗)
ケビン・ナ(1勝1敗)○ 1UP ×アレクサンダー・レビ(2敗)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【Gボイス調査隊#2】マスターズ覇者も!クロスハンドグリップって実際どうなの?