「香りのiTunes」となるか:嗅覚のプラットフォーム「oNotes」始動

写真拡大

映画や本、音楽を楽しむときに、同時に香りを体験することができたら? デイヴィッド・エドワーズが「香りのiTunes」と呼ぶiPad用アプリ「oNotes」が、新たな香りの体験を生活に取り入れる。

「「香りのiTunes」となるか:嗅覚のプラットフォーム「oNotes」始動」の写真・リンク付きの記事はこちら

デイヴィッド・エドワーズは、香りに関してはっきりした考えをもっている。彼の持論は、「人は香りに十分な注意を払っていない」というものだ。彼はこう言う。「嗅覚があらゆるタイプのコミュニケーションにとって重要であることを考えれば、それがグローバルコミュニケーションにおいて機能していないのは驚くべきことだ」

彼の言うことは正しいかもしれない。わたしたちはスクリーンをタップしヘッドホンを耳に当てあらゆるメディアに触れているが、そこにストーリーを雄弁に語り感情を震わせる「香り」を伝えるテクノロジーは、まだない。そして、エドワーズが変えたいと思っているのは、まさにそこである。

エドワーズは、「oPhone」という名の“芳香送信デヴァイス”の共同クリエーターとして、先日新たに「oNotes」を立ち上げた。これはiPad用アプリで、oPhoneで利用できるアプリケーションすべてを集約するものだ。その狙いは、映画や書籍、画像、音楽といった媒体の、あらゆる嗅覚に関するプラットフォームとなることである。エドワーズはoNotesを「香りのiTunes」と表現する。つまり音楽のように「香り」を楽しむことができる、知覚体験の新しいコントロールセンターというわけだ。

「香り」を伝える電話

彼の夢が実現するかどうかは、スマートフォンでテキストメッセージを送るように嗅覚情報を伝達するハードウェア、oPhoneにかかっている。その初期ヴァージョン「oPhone Duo」は、香りの詰まったカートリッジ「oChip」を収納した1対のチューブ構造だった。カートリッジの中を空気が静かに通り抜けることで、チューブ上部から香りが(控えめではあるが)確実に吹き出す仕組みである。

関連記事香りを伝えるコミュニケーションデヴァイス「oPhone DUO」

ハーヴァード大学の教授であり、かつての教え子、レイチェル・フィールドと共にヴェイパー・コミュニケーションズを設立したエドワーズは、いつ、どこで、どのように、そしてどれくらいの量の香りが放射されるかが「香りに語らせる」ための秘訣だと言う。

すでに世に出ているほかのアロマ散布システムは、香りを生み出すのに液体を用い、空気中に香りの“雲”をつくり出す。「それらのメリットは、確かに香りがするということです」と彼は言う。「デメリットは、別の香りをすぐに嗅ぐことができない、ということです」

一方、oChipの香り成分は乾燥しており、空気と組み合わさることで、近くで感じるのに十分な量のアロマの霧を発生させる。これにより、oPhoneは部屋に悪臭を撒き散らすことなく、連続して、多様なアロマを放つことができるのだ。

TAG

AppsiTunesSmellStorytellingWIRED US

「香り」のストーリーテリング

香りもほかの知覚体験と一緒に伝えられるべきだという考えは、決して新しいものではない。しかし、この考えを有意義なエンターテインメントに転換するのは簡単でない。

ハリウッドは、映画を観るという体験に香りを組み込もうと長らく取り組んでいる。例えば1960年に公開された『セント・オブ・ミステリー』は、スイスの科学者、ハンズ・ラウベが開発した「スメロヴィジョン」と呼ばれるシステムを用いている。これは、タバコや靴磨き、ワインや焼きたてのパンといったものの香りを物語に合わせてプラスチックのチューブで送り込むものだったが、当時の『Variety』誌の記事では、その成果はまちまちだと書かれている。

「観客全員が、上映中に散布された30の香りを感じたわけではなかった。バルコニーにいた観客たちは、香りはスクリーンの動きより数秒送れて届いたと言っている」

エドワーズの野望は、スメロヴィジョンとはまったく違ったレヴェルの話である。彼にとって映画に香りを加えることは、嗅覚技術でできることのひとつの例に過ぎない。近い将来、oPhoneによってどんな生活の場面に香りが取り入れられるかと彼に聞いたなら、書籍や医療、音楽、ヴァーチャルリアリティ、自動車といった項目を挙げてくれるだろう。

エドワーズの会社は、ニューヨークの出版社メルヒャー・メディアと協力して、oPhoneを利用した電子書籍を製造している。例えばiPad版『ゴルディロックスと3匹のくま』(イギリスの童話)を読んでいる最中に子どもがボタンをタップすると、蜂蜜やポップコーン、アプリコットなどの香りが放出される、といった具合である。

メルヒャー・メディアのCEOであるチャールズ・メルヒャーは、音声やタッチパネルでデヴァイスを操ることが浸透しているいまの時代、香りがデジタル・ストーリーテリングの次の一歩になると語る。

「読み聞かせの間に嗅覚体験をすると、脳の非常に古い部分が刺激されることになります。これは感情に対して強く作用を与えます」とメルヒャーは言う。「普段なら言葉や絵で認識しているストーリーテリングに、新たな知覚要素を織り込むことができるのです。それは素晴らしい体験でしょう」

いまのところoPhoneは、写真からケーキの香りを伝えるような「魔法の香り伝達機器」にはかけ離れている。しかしエドワーズは、それこそがヴィジョンだと語る。今後18カ月で彼は、oPhoneをポケットに入れてもち運べるように小型化するつもりだ。そして同時に、電話から直接香りが出るスマートフォンケース「oCase」を開発するという。

これらが計画通りに進めばoPhoneは、香りと同じようにゆっくりと、しかし広く、わたしたちの生活に浸透していくだろう。

(関連記事)Scentee:スマートフォンから焼肉の香り!?

TAG

AppsiTunesSmellStorytellingWIRED US