INKT公式ブログより

写真拡大

 元KAT-TUNのメンバーで、ジャニーズ事務所を退所後は5人組ロックバンド・INKT(インク)のボーカル“KOKI”として活動中の田中聖が、29日放送の情報番組『5時に夢中!』(TOKYO MX)にコメンテーターとして出演した。

 田中は、今月発売されたINKTのミニアルバム『サイサリス』(Natural Ace Records)のプロモーション中。これまでのオラオラ系のイメージから一転、全盛期のT.M.Revolutionのような丸みを帯びた髪形に変貌。自ら「(髪形は)奇抜なのが好きだったんですけど、最近はあんまり……なるべく若作りしようっていう」と心境の変化を語った。

 出演中、終始ニコニコと笑顔を振りまき、共演者の美保純やふかわりょうに対しても腰の低さをみせた田中。「どこにでも出てくんで!」と音楽以外の仕事にも積極的。「(これまで)ヤンチャな役が多かったけど、そうじゃない役もやってみたい」と俳優業についても前向きで、本業の音楽については「海外で待ってくださってる方も多いので、海を越えていきたい」と世界進出を見据えている旨を明かした。

 ネット上の反響をうかがうと、「ペコペコしていて、かわいい」「これが、あの聖!?」「声優みたいなルックス」「髪形もキャラも、丸くなった」「苦労してそう」など、さまざま。思わぬキャラ変に驚きの声は多い。

「約1年半前、『度重なるルール違反があった』としてジャニーズをクビに。過去には、下半身露出写真や、舌ピアスやタトゥーをアピールするような挑発的な写真が多数流出し、ヤンチャなイメージがべったりの田中ですが、『5時に夢中!』ではすっかり毒気が抜け、別人のように。新人として出直そうという気負いが伝わってきます。

 しかし、昨年11月に発売されたINKTのデビューアルバムは、初週売り上げ3,819枚と、お世辞にも順調とはいえない。また、人気ロックバンド・ONE OK ROCKの『パクリ』だという指摘が相次ぎ、音楽的評価も低かった。出だしで滑った田中は、まさにジリ貧状態。優等生キャラへのイメチェンに、戦略的な思惑を感じざるを得ません」(芸能記者)

 今回、番組中に「プライドを捨てられた人は、怖いものなし」「「自分の中で尊いものを捨てられるって、本当に愛があること」と持論を展開する一幕もみられた田中。今後、過去の自分を捨て去ることで、新たな人気を得ることはできるだろうか?