<サイバーエージェント レディス 事前情報◇30日◇鶴舞カントリー倶楽部・西コース(6,515ヤード・パー72)>
 この大会、最も優勝に近い選手はイ・ボミ(韓国)だろう。3月末の『アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI』から先週の『フジサンケイレディスクラシック』まで4試合連続で2位フィニッシュ。今大会も優勝争いに絡んでくる可能性は高い。
イ・ボミの笑顔が光る!厳選フォトギャラリー
 例を見ない新記録について本人は素直に嬉しさを見せるが、「2位が(ここまで続くと)やっぱり悔しい。人間ですから」と笑いを誘った。
 自身のプレーについて問われると、反省の弁が先に立つ。ここまで平均パット数、平均バーディ数がともに1位だが「(先週のように)最後のホールのパットが入らない状況は、やっぱりメンタルの問題なのかな。自分に自信を持って打てなければ…」。年間を通しての成績をポイント化する“メルセデス・ランキング”も1位だが「今は意味がないですよね。去年も後半が全然ダメだったから、今年は後半も粘れるようにしたい」と、今年こそ賞金女王を狙う彼女にとっては満足などできない状況だ。
 先週の優勝を逃した時には「初日がダメだった。来週からは初日からどんどんいこうかな」と話していたボミ。先行逃げ切りでの“珍記録ストップ”を目論んでいることだろう。
<ゴルフ情報ALBA.Net>