2015年4月28日、アップル社が2015財政年度第2四半期(1月―3月)の経営報告を発表した。
 
 報告によると、アップル2015年1月―3月の営業収入は、2014年同期と比較して27%の大幅増加を示し、580億ドル(約6兆8991億円)を突破した。

 市場別に見た1月―3月営業収入は、アメリカ市場収入が2014年同期比19%増の213億1600万ドル(約2兆5338億円)。
 大中華市場(中国大陸部・香港・台湾)営業収入は、2014年同期比比較12%増の168億2300万ドル(約1兆9998億円)。
 欧州市場営業収入が、2014年同期比12%増の122億400万ドル(約1兆4507億円)。
 日本市場営業収入は、2014年同期比15%増の34億5700万ドル(約4109億円)。

 アップル2015年1月―3月の純利益は、2014年同期比32.7%増の135億6900万ドル(約1兆6129億円)となっている。
 
(China Press 2015:IT)

ipad-606766_640.jpg