五郎丸歩 ©JRFU,Photo by H.Nagaoka

写真拡大

第8回ワールドカップ開幕まで4ヵ月あまりに迫った5月2日(土)、エディー・ジョーンズヘッドコーチ率いる“歴代最強”ジャパン(日本代表)が東京・秩父宮ラグビー場で2015年シーズン国内初戦に挑む。「アジアラグビーチャンピオンシップ2015 リポビタンDジャパンシリーズ」香港代表戦だ。

テニス・錦織圭に今期の意気込みを直撃!

昨年まで行われていたアジア5ヵ国対抗を改編し、トップ3がホーム&アウェーの総当りで争う大会。初年度は2014年アジア五か国対抗上位3ヵ国の日本、香港、韓国で戦われるが、日本は既に4月18日、敵地にて韓国代表から勝利をあげている。

だが、韓国の出足鋭いディフェンスに戸惑い30失点。頼みの五郎丸歩(ヤマハ発動機ジュビロ)のキック成功率も、5割と不調に終わった。

「すべてはワールドカップのため」と、9月19日に行われる南アフリカ代表との本番第一戦に照準を絞ってきたジャパンが、どう立て直し、アジア・ナンバー1の実力を見せつけてワールドカップへ夢をつなげるのか。その点が、この試合、最大の見どころとなるだろう。

さらに、ジャパンのキャプテンを務めるリーチマイケル(東芝ブレイブルーパス)をはじめ、田中史朗、山田章仁、堀江翔太、ツイヘドリック(パナソニックワイルドナイツ)ら中心選手がスーパーラグビー出場のため代表から離れているなか、誰がチームを引っ張り、得点源となるのかも注目される。

■試合を盛り上げるイベントも盛りだくさん!

試合当日は、日本代表応援キャラクター「鉄腕アトム」が、24番目の選手として正面入口でファンを出迎え、代表メンバーとともに入場。オリジナルグッズも販売される。

また、「RED OUT PROJECT」も始動。桜ジャージを着用した来場者全員に、日本代表選手のテストマッチ出場歴を示すキャップに相当する唯一無二の“桜レガシー”が贈られる。これには桜のエンブレムとテストマッチの日付・対戦カードが記されており、アイロンを使って転写すれば、自らの桜ジャージにテストマッチ観戦履歴を反映することが可能。

選手たちがキャップを重ねていくように、4年後、日本で開催される「ラグビーワールドカップ2019」までジャージに桜の花をさかせていくことができるというわけだ。

同時に、日本代表ジャージを着用していれば、ワールドカップ出場選手とファンを“繋ぐ”大切な映像メッセージの撮影にも参加できる。

今後、ジャパンは5月9日に福岡・レベルファイブスタジアムで韓国代表と第3戦リポビタンDジャパンシリーズ、5月23日にアウェイで香港代表と第4戦を行い、7〜8月にかけてはアメリカ、カナダへ遠征し「ワールドラグビー パシフィック・ネーションズカップ2015」に出場。

8月後半からは「リポビタンDチャレンジカップ2015」が始まり、15日の第1戦は東京・秩父宮ラグビー場で世界選抜と、22日の第2戦は福岡・レベルファイブスタジアムでウルグアイ代表と、29日の第3戦は東京・秩父宮ラグビー場で再びウルグアイ代表と対戦。

9月1日、決戦の地イングランドへ向けて出発。現地でジョージアと最後のテストマッチを戦い、世界トップ10への道を突き進む。

「アジアラグビーチャンピオンシップ2015 リポビタンDジャパンシリーズ」香港代表戦
チケット発売中!
5月2日(土)/東京・秩父宮ラグビー場