宇宙で制御不能になったロシア機が、地球へ落ちてくる!?(動画あり)

写真拡大

国際宇宙ステーションに食糧、酸素、燃料を補給するための「プログレス」補給船が、ドッキング前に制御不能状態になった。地上に落下を始めたという情報もある。

ロシア連邦宇宙局(ロスコスモス)は4月28日(現地時間)、国際宇宙ステーション(ISS)に食糧、酸素、燃料を補給するための「プログレス」補給船(59P)が「ソユーズ2.1a」ロケットで打ち上げられ、無事に軌道上に達したと発表した(59Pとは、ISSへ向かう59機目のプログレス補給船であることを示す)。

「宇宙で制御不能になったロシア機が、地球へ落ちてくる!?(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

だが、第3段ロケットの切り離し後に、ISSとのドッキングを全自動で行うためのシステム「Kurs」において、アンテナの展開を確認できないという問題が発生。その後、プログレスと通信できなくなっていることがわかった。

結局、プログレスは急速に制御不能に陥りつつあることが明らかになった。かろうじて送られてきた映像(冒頭に掲載)で確認したところ、どうやらプログレスは激しく回転しているようだ。

ロシアの管制室は28日、プログレスが管制室上空を通過する際に通信回復を再度試みたが、失敗に終わった。その後、ISSとのドッキングは無期限に延期されている。

29日午前の時点では、プログレスは依然として、回転しながら宇宙空間を飛行している。この回転を制御しなければ、プログレスはソーラーパネルを使うことができないため、いずれ動力と燃料が尽き、最終的には大気圏に再突入してバラバラになってしまうだろう。それが現実的な脅威となるまでに、ロシア連邦宇宙局には少なくとも数日の猶予があるはずだが、残された時間の予測はさまざまだ。

29日午後の早い時間には、AFP通信が、匿名の当局者の話として、プログレスがすでに地球に向けて落下し始めていると報じた(プログレスは通常、ISSの廃棄物が積み込まれたあと、切り離されて軌道を離脱し、大気圏で大半が燃え尽きる)。

プログレス補給船は、燃料、食糧、医療品、科学実験器具など、ISSに届ける3トンの物資を積んでいる。

いずれの物資も、サッカー場ほどの広さのISSにあるロシアセクションやアメリカセクションにとって、絶対になくてはならないものではない。また、6月19日に予定されている、Space X社の無人宇宙船「ドラゴン(日本語版記事)」による次回の補給ミッションまでに、ISS滞在クルーの物資が尽きてしまうおそれもない(物資はあと4カ月分は備蓄されていると報道されている)。

だが、欧州宇宙機関による欧州補給機(ATV)計画はすでに終了し、Orbital Sciences社の無人補給船「シグナス」も2014年10月、打ち上げ用ロケット「アンタレス」の爆発により戦線離脱した(日本語版記事)。

そのため、プログレス補給船計画が長期にわたる深刻な問題に直面すれば、ISSに物資を届けられるのは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙ステーション補給機「こうのとり(HTV)」と、Space X社のドラゴンだけになってしまう可能性がある(5月27日には、日本の油井飛行士を含む3名がソユーズ宇宙船でISSへと向かう予定だが、計画変更の可能性もある)。

(関連記事)SpaceShipTwoのパイロットはいかにして墜落する宇宙船から生きのびたか

TAG

AccidentISSSpaceVideoWIRED UK