未完のファシズム 「持たざる国」日本の運命

写真拡大

『未完のファシズム 「持たざる国」日本の運命』(片山杜秀著、新潮社)

業務関係の書物は必要に迫られて読む性格で、自分の時間の読書は、その時の関心の赴くままに任せている。この機会に改めて最近の読書の傾向を見返してみて、最近の中韓との確執、集団的自衛権の議論の影響もあるのだろうが、日本現代史、特に明治の日清・日露戦争から第二次世界大戦での敗戦に至る日本軍の周辺に関する書物をよく読んでいることに気がついた。新刊本をみても、結構この手の書物は新書を中心に出ているので、私だけの傾向ではないのかもしれないけれど。そのきっかけとなった本、片山杜秀著「未完のファシズム」を取り上げたい。

著者は、政治学・歴史学が専門のようだが、クラシック音楽の評論でも注目を集めている異色の人だ。NHK-FMで「クラシックの迷宮」という番組も担当されていて、こちらの面でも私は独自の視点での評論を楽しむ機会が多いが、本書では、第二次世界大戦の敗戦に至る背景分析という、機微なテーマでもあり様々繰り返されている議論を、帝国陸軍の小畑敏四郎、石原完爾、中柴末純といった、当時の軍のポリシーに強い影響を与えた人物の思想・行動を読みとくという独特のアプローチで、新たな仮説を検証している。「日本の軍隊は、第一次世界大戦を学びすぎたがゆえに、...極端な精神主義に舞い戻ってゆかざるをえなかったのだと。」その切り口が、「顕教」と「密教」である。

第一次大戦後に改定された「統帥綱領」=「顕教」

1914年、第一次世界大戦開始の年に制定された日本陸軍の「統帥綱領」。制定当初は物量戦・科学戦という近代戦の常識を踏まえたものであったのに、1926年、第一次大戦後の改定では、速戦即決の殲滅戦を前提として精神主義が強調される一方、兵站の項目は削除されるなど、日米戦争における補給なき戦闘やバンザイ突撃、玉砕の情景が透けて見える内容となっている。しかし、実は、それを主導した小畑敏四郎らには、第一次大戦後の総力戦のあり方に対する評価として、日本陸軍に当分の間その能力はなく、その上で日本を防衛するには即決型の殲滅戦しかないという判断があった。そもそも日本が装備・物量に優れた一流国の大軍と長期に戦うなどありえず、短期戦で勝利するためには精神力や機略を強調せざるを得なかった。「統帥綱領」という「顕教」は、このような「密教」が前提であった、というわけである。

独断で満州事変を主導した石原完爾や、「生きて虜囚の辱めを受けず」の一節で有名な「戦陣訓」の作者のひとりといわれる中柴末純も、米国のような一流国とその当時に戦争をしては勝てないという考えは同じであった。石原完爾には、その思想的背景から日本がいずれ第一次大戦を凌駕する規模の大戦争の一方の主役となるとの信念があったが、しかし日本を「持てる国」にするまでは何十年か長期の大戦争をしてはならないと考えていた。日米戦争でのアッツ島玉砕を賛美した中柴末純にとって、玉砕できる軍隊を作ること自体が「持たざる国」の必勝兵器であったが、その中柴も物の力において敵を圧倒することのみが敵を撃破する唯一の方法であることを実は認めており、玉砕の賛美も、結局「持たざる国」が「持てる国」と正面戦争をしうる格好を取り繕っておくための方便にすぎなかった、とする。

「持てる国」と対峙するための必死の計算=「密教」

皆、特定の思想的背景のもとで「持たざる国」が「持てる国」に対峙していくためにはどうするかという必死の計算、「密教」があった。しかし、思想的軍人は排斥される運命にあり、主導した人物は失脚し、「密教」は失われる。さらに強権型政治を嫌い、調整型政治構造を埋め込まれた戦前の政治体制のもとで、東条英機がそれと批判されたファシズムすら実は「未完のファシズム」であったことで、「顕教」の部分が一人歩きしつつ日本は流され、破滅的な敗戦という結果を招くことになった。

著者は、「背伸びがうまく行ったときの喜びよりも、転んだときの痛さや悲しさを想像しよう。・・・物の裏付け、数字の裏打ちがないのに心で下駄を履かせるのには限度がある。」という言葉で本書を結んでいるが、この点は、当時の時代背景や日本を取り巻く周辺の状況を考えれば、もう少し突っ込んで議論する余地があるように思う。しかし、第二次大戦後から現在に至るまで、日本社会において先人や海外の「顕教」だけをみて、「密教」を考えず失敗する例は決して珍しくはない。日清・日露戦争から敗戦に至る過程には、私たちが反面教師とすべき事柄がまだまだ埋もれているのだろう。

(なお、余談であるが、私個人向け書籍の購入は最近もっぱら電子書籍=私が使っているのはKinoppy=に依っているが、本稿を書く上で、最近購入した書籍の確認や、マーカーを引いた箇所の一覧表示機能を用いて引用候補箇所を確認できるなどとても重宝した。皆さんにもお勧めしたい。)

経済官僚 企画官級 TI