RHYMESTER『B-BOYイズム』/EAST END×YURI『DA・YO・NE』(画像はすべてディスクユニオン公式Webサイトより)/(C)2004 diskunion company limited all rights reserved.

写真拡大 (全4枚)

1990年代に一世を風靡し現在は活動休止中のヒップホップユニット・EAST ENDのDJ・ROCK-Teeさんが、「日本語ラップ名曲7インチ化計画」を始動。

【日本語ラップ名曲がレコードで復刻! 『B-BOYイズム』『DA・YO・NE』の画像・動画をすべて見る】

その第1弾として、国民的ヒップホップユニット・RHYMESTERが1998年に発表した『B-BOYイズム』と、ROCK-Teeさんが新たに歌詞をエディットしたEAST END×YURIによる1994年の大ヒット曲『DA・YO・NE』が、7インチレコードとしてリリースされる。

両曲ともリマスタリングが施されているほか、楽曲データのDLコードもついてくる。価格はそれぞれ1,500円(税込)で、発売は6月24日(水)を予定している。

国民的ヒップホップユニットの名盤がよみがえる……!




RHYMESTERは、1989年に宇多丸さん、MUMMY-Dさん、DJ JINさんの3人により結成されたユニット。日本語ラップ界の黎明期から現在まで活動し続ける、シーンの代表的存在ともいえるユニットのひとつだ。

そんな彼らが生み出してきた名盤のひとつ「B-BOYイズム」は、「決して譲れないぜこの美学 ナニモノにも媚びず己を磨く」というリリックが印象的な、日本中のB-BOYを鼓舞し続けてきた楽曲。

アメリカのヒップホップユニット・RUN DMCの名盤「King of Rock」をモチーフにしたオリジナル盤のアートワークも、今回発売される7インチレコードで忠実に再現されている。

「DA・YO・NE」はROCK-Teeさんによるエディットで復刻!




EAST END×YURIは、GAKU-MCさん、ROCK-Teeさん、YOGGYさんからなるEAST ENDと、YURIことガールズユニット・“元祖”東京パフォーマンスドールの市井由理さんによるユニットで、1994年から1996年まで活動を行っていた。

彼らのファーストシングル「DA・YO・NE」は、日本語ラップとして初となるミリオンセラーを記録し、1995年には、ヒップホップユニットとしては初となる第46回NHK紅白歌合戦への出場も果たした。

7インチレコードには、当時ロングバージョンに収録されていたRHYMESTERやEAST ENDらが所属するクルー・FUNKY GRAMMAR UNITによる歌詞を、ROCK-Teeさんがエディットしたものも収録される。



レコードショップ・ディスクユニオンでは、『B-BOYイズム』と『DA・YO・NE』の2枚セットに、FUNKY GRAMMAR UNITのロゴ付きトートバッグを加えた限定セットも販売される。