『図書館戦争-THE LAST MISSION-』ロゴ ©2015“Library Wars -LM-”Movie Project

写真拡大

映画『図書館戦争-THE LAST MISSION-』から特報が公開された。

【もっと大きな写真を見る】

オフィシャルサイトで公開された特報では、メディア良化法による国家の不当な検閲から「情報収集の自由」を守ろうとする岡田准一演じる「図書隊」の鬼教官・堂上篤と、榮倉奈々が演じる唯一の女子隊員・笠原郁役の恋愛模様が垣間見えるシーンや、堂上と笠原が図書館で激しい銃撃戦を展開する様子に加え、田中圭、福士蒼汰、栗山千明、石坂浩二らキャストの姿が確認できる。

10月10日から全国東宝系で公開される『図書館戦争-THE LAST MISSION-』は、有川浩の小説『図書館戦争』シリーズをもとにした昨年4月公開の『図書館戦争-LIBRARY WARS-』の続編。メディアを取り締まる法律「メディア良化法」が施行された近未来を舞台に、図書館の自衛組織である図書隊が受けたある本を守るという依頼が、図書隊の存続を揺るがす事件に発展していく様を描く。なお、クライマックスの戦闘シーンは、実在する図書館を2週間貸しきって撮影が敢行されたという。