老後のために貯蓄している平均額は 約4割が収入の2割を貯金

ざっくり言うと

  • 日本の働き手の42.2%が収入の2割以上を老後のために貯蓄すると分かった
  • シンガポール、インド、マレーシアに次いで4番目に高い数値である
  • 老後の生活資金を個人の責任と考える国は貯蓄金額も高いと判明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング