曽根崎心中

写真拡大

なんばオリエンタルホテル(大阪市)は、国立文楽劇場「第32回文楽観賞教室」観賞付宿泊プランを、2015年6月5日から18日までの期間限定で販売する。

文楽鑑賞は初めてという人でも楽しめる「文楽鑑賞教室」。牛若丸と弁慶の出会いの場面である「五条橋」、出演者によるわかりやすい解説「文楽へようこそ」と、近松門左衛門の名作「曽根崎心中」を体感できる。ホテルから劇場までは徒歩5分。プラン内容は文楽観賞教室観賞チケット、文楽公演パンフレット、ホテル2階の旬粋料理「和ぎ」の朝食「おおさかほんわか朝ごはん」のほか、通常午前10時のチェックアウトが午前11時となる。公演は午前の部が午前10時30分から、午後の部が午後2時から。

1人当たりの料金(税・サービス料込)は、1室2人利用(23平米)で1万1970円〜、1室3人利用(32平米)で1万2970円〜、1室4人利用(32平米)で1万2220円〜。予約は5月10日から3日前まで受け付け。