意外と安い、自律走行車に必要なコスト一覧:最新報告

写真拡大

自律走行車、それは自分が運転せずともどこへでも移動できる夢のようなクルマだ。実用化するにはまだ課題が多いこの技術だが、最新の報告書によると、その原価は意外と安いという。

「意外と安い、自律走行車に必要なコスト一覧:最新報告」の写真・リンク付きの記事はこちら

自律走行車が実際に使われるようになるには、ソフトウェアの開発や法制度や保険対応などさまざまな対応が必要であり、かなりの時間がかかるだろう。しかし、そのハードウェア部分はすでにある程度完成しているし、部品も生産されている。しかも、その原価はかなり安い。

自律走行車の原価が話題にのぼることは滅多にない。そうしたクルマの大量生産が始まるのは、まだまだ先の話だからだ。しかし、米国のコンサルタント会社、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)が公開した、自律走行車の市場と開発に関する最新の報告書には、そのコストの現時点での見積りが示されている。それによると、部品の多くが安価なため、自律走行車のコストは思ったほど高くないという。

「必要な技術はすでに存在しています」と、BCG社の北米自動車部門責任者、ザヴィアー・モスケットは言う。

関連記事運転が自動化されると、人は幸福になる?

この報告書によれば、自律走行機能のうち、クルマを自動で駐車スペースに収めてくれる機能は約2,000ドルで手に入る。車線変更もできる高速道路での自動運転機能と、都市内での自動運転機能は、それぞれ約5,500ドルだという。

そして、人の運転なしにどこへでも移動するような完全な自律走行機能には、少なくとも市販開始から10年ほどは、自動車本体の価格に加えてさらに約10,000ドルが必要となる。

自律走行車に必要なハードウェアは、大きく分けると、センサー、プロセッサー、アクチュエーターの3種類だ。今日の自動車が到達している電子制御技術のレヴェルの高さを考えれば、アクチュエーター(制動、変速、操舵などの操作を物理的に実行する機械装置)が技術的難問になることはない。

プロセッサーは、車の各種センサーから送られてきたデータを処理し、アクチュエーターに対して適切と思われる動作を指示する。その技術も基本的には完成しており、あとはさらに演算速度を上げながら、コストを下げていく余地があるだけだ。

センサーについては、冒頭の画像にまとめられている。カメラ、レーダー、超音波センサーはいずれも安価で、わずか15ドルから200ドル程度で手に入る。それらは、すでに商品化されている車線維持機能やアダプティヴ・クルーズコントロールなどに必要な部品として、数年前から普及しているからだ。こうした高度なドライヴァー支援システムは、いわば消費者を徐々に自律走行に慣れさせていく役目を果たすと同時に、部品の普及とコストダウンを通じて、自動車業界が自律走行車の市販にこぎつける手助けもしていることになる。

とはいえ、まだ大幅なコストダウンが必要なハードウェアもある。LIDAR(Light Detection and Ranging、Laser Imaging Detection and Ranging:ライダー)と高精度GPSだ。

グーグルの自律走行車に搭載されたLIDARは、64本のレーザーを使って物理的な外界のマッピングを行い、周囲の環境について毎秒100万を超えるデータポイントを収集している。その価格は50,000ドル以上だ。

モスケット氏によれば、グーグルの次世代の自律走行車は約8,000ドルで買えるLIDARを搭載する予定だが、それでも一般消費者向けの自動車に搭載するには高価すぎる。100ドル以下で購入できるLIDARもあるにはあるが、それはもっと単純な用途向けにつくられた、レーザーを1本しか使わないタイプのユニットだ。

また、GPSについても、ナヴィゲーションだけではなく自律走行にも使うのであれば、メートル単位ではなくセンチメートル単位の精度が必要になる。そうした高精度のGPSは存在するものの、現時点では約6,000ドルもするため、LIDARと同様に、価格が大幅に下がらなければ量産車には採用できない。

関連記事なぜNASAと日産はパートナーシップを結んだのか?

TAG

AutonomousCarCarHardwarevehiclesWIRED US