「愛犬は人命より重い」を裏付ける研究結果

写真拡大

「赤の他人よりも、自分のペットの方が可愛い」というのは、当然の感情かもしれない。では、人はどのようなときに人間よりも動物を優先し、何がその感情を引き起こすのか。アメリカの2つの大学で行われた実験から考える。

「「愛犬は人命より重い」を裏付ける研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

最近起きた黒人射殺事件[訳注:マイケル・ブラウン射殺事件。2014年8月9日、米ミズーリ州ファーガソンで、18歳の黒人青年マイケル・ブラウンが白人警察官によって射殺された]などのように、警察官による死亡事件は大きなニュースになるが、ときには人間より動物の死が大きく取り上げられることがある。それを示すのが、2014年に米アイダホ州で、24時間以内に起きた2つの発砲事件だ。

2014年7月8日、2人の子をもつ妊婦ジャネッタ・ライリーが、アイダホ州で警察官に射殺された。報道によると、麻薬とアルコールの依存症の既往歴があったライリーは、当時酒に酔っていて、3人の警察官に向かってナイフを振り回していたという。警察官は体重わずか45kgの女性に対し、携帯していたスタンガンではなく、拳銃の発砲を選んだ。しかし、警察官らは訴追を免れ、ライリーの家族への謝罪は行われなかった。そして『ガーディアン』紙の記者が掘り返すまで、この一件が全国ニュースになることもなかった。

そのわずか14時間後、同じアイダホ州のとあるカフェで、クレイグ・ジョーンズが昼食をとっていた。彼は、黒いラブラドール系の愛犬アーフィーを運転席に残していた。しかし、不幸なことにアーフィーは吠え始め、誰かが警察を呼んだ。通報を受けたデイヴ・ケリー巡査がバンに近づくと、(当初ピットブル[闘犬]だと思われていた)アーフィーは彼に飛びかかった。バンの窓はほとんど閉まっていたが、ケリー巡査はアーフィーの胸に銃弾を撃ちこんだ。

これには、メディアは飛びついた。『ニューヨーク・デイリー・ニュース』の見出しは、「アイダホの警官、かわいい黒ラブのアーフィーを攻撃的なピットブルと間違って射殺」。まもなく「ジャスティス・フォー・アーフィー」と題したFacebookページが開設された。ハッキング集団のアノニマスは複数の声明動画をYouTubeに投稿し、コー・ダリーン警察への復讐を仄めかした。2カ月後、警察監視委員会がアーフィーの射殺は不当だったとの裁定を下し、市民は「ジャスティス・フォー・アーフィー」のスローガンを掲げたデモ行進で、ケリー巡査の解雇を求めた。警察署はジョーンズ氏への公式謝罪を発表し、愛犬の死に対する補償として、彼に8万ドルを支払った。

この、1頭の犬と1人の妊娠中の母親への発砲に対する大衆の怒りの激しさは、いかにも対照的だ。以下2つの実験結果が、両者の違いを生んだ人の心理を説明してくれる。

実験1:「ペット > 人」は本当か

人への攻撃の記事よりも動物虐待の記事に人はショックを受ける、という仮説を米ノースイースタン大学の2人の社会学者が検証した。アーノルド・アールークの専門は人と動物の関係、ジャック・レヴィンが専門とする研究対象は、連続殺人犯や大量殺人犯だ。

2人は被験者の大学生に、犯罪増加に関する偽のニュース記事を読ませた。例えば次のような記事だ。「現場に居合わせた目撃者によれば、犯人は1歳の子犬を野球のバットで殴打した。犯行の数分後、現場に到着した警察官が発見した際、子犬は脚の1本が折れ、複数の切り傷があり、意識のない状態だった。この事件の容疑者は逮捕されていない」

記事には4つのパターンがあり、それぞれ被害者が「子犬」「成犬」「乳児」「成人」に変えられていた。4つの記事のいずれか1つを読んだあと、被験者には殴打された被害者に対する感情移入と精神的苦痛の度合いを報告してもらった。

ご想像の通り、読者が感じた精神的苦痛のレベルが圧倒的に低かったのは、被害者が「成人」だった記事である。感情移入の度合いが一番高かったのは乳児だったが、子犬は僅差で2位につけ、その次の成犬ともさほど差はなかった。アールークとレヴィンは、被害者への感情移入に関しては種が重要であると結論づけつつも、記事への反応の違いの核心は、無垢で無防備な生き物に対するわたしたちの特別な配慮にある、とした。

TAG

AnimalPetResearchWIRED US

実験2:愛犬と他人、助けるのはどっち?

また別の実験では、米ジョージア・リージェンツ大学の心理学者たちが、人はどんな状況で人命より動物の命を優先するのかを検証した。実験は、573人の参加者に、制御不能になったバスの進路上に人または犬がいるという架空のシナリオを提示し、誰を救うかを質問するというものである。結果、人を救うか犬を救うかの決断は、3つの要因の影響を受けるとわかった。

まずは、危機にある人が誰なのかだ。この人が外国人観光客だった場合、親友や兄弟である場合よりも、愛犬を救うと答える参加者の割合ははるかに高かった。

また、参加者の40%は外国人観光客よりも愛犬を救うと答えたが、進路にいる動物を一般に「1頭の犬」としたシナリオでは、観光客を犠牲にすると答えた参加者は14%に過ぎなかった。

最後に、他の研究と同様に、女性は男性よりも動物への配慮を示した。暴走バスのシナリオで、人ではなく犬を救うと答えた女性の割合は、男性の2倍近くに上った。

一貫性のないモラルとともに生きる

要するに、状況によっては、わたしたちは人より動物を優先するのだ。けれども、ジャネッタ・ライリーとアーフィーの死に対する大衆の怒りの温度差からは、さらに全体像が見えてくる。それは、他の種の動物に対するわたしたちの態度は、きわめて気まぐれだということだ。

地球には約4万種の生物がいるが、人間が憤りを覚える対象は、ほんの一握りの種に対してだけだ。人はペットを溺愛する一方で、アメリカ全土の競馬場で週に24頭死んでいる馬たちのために抗議の声をあげる人はほとんどいない。アメリカで毎年消費される90億羽のブロイラー鶏のことはどう思っているのだろうか。

ほとんどの人は、環境哲学者クリス・ディームが言う「家の中に猫、皿の上に牛」のパラドックスと、たやすく折り合いをつけて生きているようだ。なんとも奇妙なものだ。

関連記事): 人間と犬との絆は、母と子の絆に似ている:研究結果

TAG

AnimalPetResearchWIRED US