六本木で『スター・ウォーズ』展 実際に使用された衣装や小物も登場

写真拡大

4月29日(水・祝)より、東京・六本木の「六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内 スカイギャラリ―」にて、世界的大ヒット映画『スター・ウォーズ』をテーマにした展覧会『スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。』が開催される。

『スター・ウォーズ』は、遠く離れた銀河を舞台に、正義の守護者である「ジェダイ」と、悪の存在「シス」との攻防などを描いた物語。ジョージ・ルーカスが監督・脚本を務め、1977年に第1作が公開された『スター・ウォーズ』は、当時の興行収入記録を塗り替えるなど世界的なヒット作品となり、これまでシリーズ6作品が公開されている。

同展は、ジョージ・ルーカスが世界中のアーティストに依頼し、彼らが『スター・ウォーズ』からインスピレーションを得て、彼ら独自の解釈で描いた『スター・ウォーズ』のアート作品を紹介するもの。会場では、およそ60点のアート作品が紹介されるほか、シリーズで実際に使用された衣装や小物なども多数展示される。

『スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。』は、2015年4月29日(水・祝)〜6月28日(日)まで、六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内 スカイギャラリ―(六本木ヒルズ森タワー52階)にて開催。開館時間は10:00〜22:00。会期中無休。入場料は一般1800円。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです