キム・ヨナが1200万円寄付、ネパール大地震で被災の子供たちに

写真拡大

韓国の元フィギュアスケート選手で国連児童基金(ユニセフ)の国際親善大使を務めるキム・ヨナが28日、大地震で被災したネパールの子供たちに10万米ドル(約1200万円)を寄付した。韓国サイト、joynewsの同日付の報道として、中国・環球網が伝えた。

キム・ヨナはツイッターで27日、「ユニセフは大きな苦しみの中にあるネパールの子供たちを支援しています。皆さんもどうぞご協力ください」とつぶやき、ユニセフ韓国委員会の支援サイトを紹介した。

報道によると、キム・ヨナが寄せた寄付金は被災地の子供たちの栄養や飲み水の確保、健康支援などのために使われる。

キム・ヨナは2010年7月にユニセフの国際親善大使に就任。就任前には同1月に起きたハイチ地震の被災地に1億ウォン(約1110万円)を寄付している。

(編集翻訳 恩田有紀)