朝、起床直後の行動

写真拡大 (全6枚)

 ドゥ・ハウスは、同社のインターネットリサーチサービス「myアンケートlight」を利用し、全国の20〜59歳の有職男女を対象に、「朝の活動」に関するWEBアンケートを実施。3月20日〜3月26日の調査期間に1,000人の有効回答を得た。

 朝、起床直後の行動を聞いたところ、半数以上の57.6%が「トイレに行く」と回答した。性・年代別に見ると、男性より女性の方が顕著で、50代女性では7割にのぼった。また「その他」では、「タバコを吸う」などの回答が男性に多く見られた。

 起床後家を出るまでの時間を聞いたところ、「30分〜60分未満(38.8%)」が最も多かった。「30分未満」の割合が最も多いのは30代男性(36.8%)、反対に「120分以上」の割合が最も多いのは40代女性(16.8%)だった。

 慌ただしい出勤前に最も時間がかかっていることを聞いたところ、男女で大きな違いが見られたのは、「化粧・髭剃り(男性14.6%、女性35.3%)」と「朝食を食べる時間(男性26.7%、女性11.7%)」だった。また、性・年代別に見ると、男性は年代が上がるほど「朝食を食べる時間」の割合が増えていた。また、「髪のセット」と「着替え」に一番時間をかけていると回答した割合が最も多かったのは20代男性だった。

 始業時間のどれくらい前に職場に到着しているか聞いたところ、「定時〜10分前」が24.3%で最多、僅差で23.4%が「11分〜20分前」と、6割以上が20分前までに到着していることがわかった。また、50代男性の19.2%が1時間以上前と回答し、他と比べて多くなっている。

 始業前の朝の時間を、勉強や趣味などの活動に当てる「朝活」について聞いたところ、実際に行っているのは全体の12.3%だった。性・年代別に見ると、朝活を行っている割合が最も多いのは20代男性で21.6%、5人に1人という結果となった。