ツインテール風のびーえすいち子たん(デュアル)

写真拡大 (全4枚)

3Dプリンタに関する事業を行うボンサイラボの小型3Dプリンタ「BS01+」を擬人化したキャラクター「びーえすいち子たん」が、公式キャラクターとして認定された。

【今度は3Dプリンタを擬人化! 幼女からお姉さんまでみんな天使の画像・動画をすべて見る】

「びーえすいち子たん」は、「BS01+」のユーザーであるフィギュア原型師のR66さんが考案し、ボンサイラボが運営するユーザーコミュニティで公開していたキャラクター。公式のキャラクターとして3Dプリンタが擬人化されるのは、世界初の試み

また、「びーえすいち子たん」のほか、見た目の幼さの異なる2人のキャラクター「びーえすいち子ちゃん」「びーえすいち子」が存在し、各キャラクターのステッカー配布を予定しているという。

どのいち子たんもかわいい!


びーえすいち子ちゃん



「びーえすいち子たん」は、ユーザーコミュニティにアップされるやいなや、3Dプリンタの特徴と「BS01+」の個性をとらえたキャラクターデザインで人気を集め、この度公認キャラクターとして活動をすることになった。

びーえすいち子



今回の「びーえすいち子たん」の登場に合わせて、フィギュア造形に適した3Dプリンタ用新素材が、4月28日に発売。

これは、造形の際の材料垂れ防止に特化しており、造形後に手で簡単に取り外すことができる「Poly Support」と、本物の木材のような風合いを再現することができる「Poly Wood」の2種類となっている。

現在、「びーえすいち子」のTwitterアカウントが開設されており、「BS01」の進化に合わせてキャラクターも楽しんでもらえる存在を目指すという。

「Poly Support」(左)、「Poly Wood」(右)出力サンプル



昨今、低価格化や小型化により、ますます世間をにぎわす3Dプリンター。擬人化キャラクターの登場で、さらに注目を集めること間違いなしだ。