TDSの「北欧」をテーマにした新ポートのイメージ (C)Disney

写真拡大

東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)を運営するオリエンタルランドグループは「2016中期経営計画」(2015年3月期〜17年3月期)をめぐり2015年4月28日、TDRの東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS) の今後の開発構想について明らかにした。

TDL「ファンタジーランド」2倍に 「美女と野獣」テーマのエリアなど

TDLでは、「ファンタジーランドの再開発」をコンセプトに、ファンタジーランドの面積を約2倍へと拡張する大規模なエリア開発構想を、TDSでは、ロストリバーデルタの南側の拡張用エリアに、8つ目の「新テーマポートの開発」を検討している。

この日の発表によればTDLの「ファンタジーランドの再開発」では、同ランドが複数のエリアで構成され、その一部をディズニー映画「美女と野獣」「ふしぎの国のアリス」をテーマとする方針。

また、TDSの「新テーマポートの開発」では、一部のエリアをディズニー映画「アナと雪の女王」の世界をテーマとし、新テーマポートの全体テーマを「北欧」とする方針を決めた。

いずれのエリアも、TDRオリジナルのアトラクションやレストランなどを導入し、世界で唯一の魅力あふれる新エリアとして開発するという。

TDL、TDSとも、新構想の「導入時期」は2017年度以降。