マイクロソフトは「Windowsのオープンソース化」で生まれ変わる

写真拡大

世界中のコンピューターを動かしてきた「Windows」の生みの親、マイクロソフト。停滞気味のテック業界の大物がいま、「オープンソース化」によって生まれ変わろうとしている。

「マイクロソフトは「Windowsのオープンソース化」で生まれ変わる」の写真・リンク付きの記事はこちら

マイクロソフトのソフトウェア帝国は、世界のパソコンやスマートフォン、サーヴァーを動かすオペレーティングシステム (OS)、「Windows」の上に築かれている。現在、マイクロソフトの収益の大部分を生み出しているのも、このWindowsだ。

しかしマイクロソフトは、このOSを支えるコードを「オープンソース化」、つまり無料で配布しようとしているという。「それは間違いなく実現可能です」と、同社のテクニカルフェロー、マーク・ルシノヴィッチは言う。「そして新しいマイクロソフトが始まるのです」

いまやマイクロソフトの顧客のなかでも、Windowsだけを使っている人は少ない。「それがいまの現実です」。ルシノヴィッチは続ける。「テクノロジー業界は変わり、多くの企業がオープンソースコードに頼っています。マイクロソフトもこの現実を受け入れる必要があります」。彼らはその第一歩としてすでに、自社のAzureクラウドコンピューティング・サーヴィス上で、Linuxの利用を許している。

これらは、長い間オープンソース・コミュニティの嫌われ者だったマイクロソフトにとっては大きな変化だ。そして、必要な変化でもある。

生き残るための「オープンソース化」

さらにマイクロソフトは、その先へと進む。自社のクラウドサーヴィス上でオープンソース・ソフトウェアの利用を許可するだけでなく、Windows自体をオープンソース・ソフトウェア化しようとしているのである。

その理由は、これからの時代に必要とされるのが、マイクロソフトが昔から提供してきたような有料ソフトウェアではないからだ。現在のコンピューターや携帯電話、その他のデヴァイスを動かしているのは、LinuxやGoogle AndroidのようなオープンソースのOS。マイクロソフトも、あらゆるOS上で動くアプリやサーヴィスを生み出していく必要がある。

またコードをオープンソース化しても、それは依然としてお金を生み続けることができるという。利用自体が無料になったとしても、OSのパッケージングや流通、アップデートを行う業者は以前として必要だからだ。それはLinuxやAndroidの手法でもある。オープンになり、より多くのユーザーに使われ、広い世界にシェアされることになったときにもたらされる結果は、計り知れない。

Windowsはいまもマイクロソフトの大きな収益源であり、複雑なコードをオープンソース化するのも容易ではないため、オープンソース化が明日にでも実現することはないかもしれない。しかしルシノヴィッチの姿勢は、マイクロソフトがいかに変わろうとしているかを示している。

関連記事マイクロソフトがIEと決別するXデイ

TAG

MicrosoftOpen SourceWindowsWIRED US