バスの運転手が乗務中に失神 乗客がサイドブレーキで止める

ざっくり言うと

  • 京都市バスで3月、運転手が失神し、乗客がバスを止める騒ぎがあった
  • 信号待ち中に意識を失い、バスが約20m進んだところで乗客が異変に気づいた
  • 運転手は現在自宅療養中で、年2回の健康診断などでは異常はなかったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング