親しみやすいデザイン、誰でも簡単に3Dプリントを楽しめる

写真拡大

3Dプリンターや3Dスキャナーを扱うXYZプリンティングジャパン(東京都板橋区)は、個人向け3Dプリンター「ダヴィンチ Jr.(ジュニア) 1.0」を2015年4月27日に発売した。価格は4万9800円(税込)。

SDカードスロット装備、3Dデータをメモリーから直接プリント

筐体サイズを従来モデルとの比較で約半分にした。造形材料のフィラメントはデンプンなど植物由来で、環境に優しいPLA(ポリ乳酸)を使用。消費電力は従来から最大70%低減。駆動部分をカバーするなど安全性に配慮しつつ、親しみやすいデザインを採用したという。

SDカードスロットを装備。メモリー内の3Dデータを直接プリントできる。フィラメントをプリンターヘッドに送り込む装置、エクストルーダーは脱着が容易で、メンテナンスしやすくなっている。

3Dデータは、総数1500点以上にのぼる独自の「クラウドギャラリー」からダウンロードできる。自作のデータ作品をアップロードし、世界中のユーザーと共有が可能だ。

印刷方式はFFF(熱溶融積層)。最大出力サイズは150(幅)×150(高さ)×150(奥行)ミリ。対応データフォーマットはSTL、XYZフォーマット(3w)。インターフェイスはUSB 2.0。日本語メニュー表示(カタカナ)対応。