篠崎愛 『A-G-A-I-N』MVスクリーンショット

写真拡大

芸能活動10年目にして、ソロ歌手デビューを果たすグラビア界の革命児・篠崎愛さんの1stシングルのリード曲「A-G-A-I-N」MVが、4月28日(火)YouTubeにて公開された。

【童顔巨乳だけじゃない! グラドル篠崎愛のデビュー曲MVが色っぽいの画像・動画をすべて見る】

すでに各音楽サイトでは先行配信がおこなわれ、4月29日(水・祝)にはCDがリリースされる1stシングル『A-G-A-I-N』。イギリスおよびアイルランド出身のメンバーからなるボーイズグループのワン・ダイレクションなどのプロデューサーや、3人組ロックバンド・女王蜂のボーカル・薔薇園アヴさんによる楽曲など、全3曲を収録する。

篠崎愛 / Ai Shinozaki - "A-G-A-I-N" Music Video




イメージ一新! ソロシンガー・篠崎愛


AiShinozaki_main1_photo_Hajime Kamiiisaka



篠崎愛さんは、2006年にグラビアアイドルとしてデビューして以降、約8年間に渡ってグラドル界のトップランナーとして活動、多数のグラビアや、イメージDVDを世に送り出してきた。

あどけなく幼さの残る顔立ちと、そびえ立つGカップという豊満なバストとのアンバランスさが絶大な人気を博し、ネット上でも最も支持率が高いグラドルの一人。

そんな篠崎さん、人生で最も重要なことは、「歌うこと」と「食べること」と豪語し、「歌うま芸能人」としてバラエティ番組にも多数出演。趣味は「ひとりカラオケ」というくらいに、歌を愛してやまないという。

2011年には、アイドルグループ・AeLL.のメンバーとしてアイドル歌手デビュー。6枚のシングルと2枚のアルバムを発表し、2014年9月に無期限活動休止となった。

そして、芸能活動10年目を迎えた2015年4月、『A-G-A-I-N』で念願のソロ歌手としてデビューを果たす!

表題曲「A-G-A-I-N」は、ワン・ダイレクションや、松田聖子さんの楽曲をプロデュースしたPar Westerlundさんらが作曲。また、カップリング曲「Rainy blue」は、公開中の篠崎愛さんの主演映画『東京闇虫パンドラ』の主題歌となるという。

そして3曲目「微熱案内人(Acoustic Piano Version)」は、作詞・作曲を女王蜂のバラ園アヴさんが行い、ストリングスをフィーチャーした別バージョンが、今夏にリリースされるミニ・アルバムに収録される予定だ。

ソーシャルTV局・2.5DプロデュースのMV


『A-G-A-I-N』通常盤ジャケット

『A-G-A-I-N』通常盤ジャケット



今回、公開されたMVは、ソーシャルTV局・2.5Dがプロデュース。衣装も、これまでのイメージとは打って変わったファッショナブルさで、世界観を演出している。持ち前の歌唱力の高さもあいまって、新しい篠崎さんが目撃できる映像に仕上がっている。

また、発売日当日には、CDデビュー記念イベントが渋谷PARCO PART1内にある2.5Dのスタジオで行われる。ライブが生配信されるほか、CD購入者を対象とした篠崎さんとのリリース記念撮影会、またはサイン会を実施する。

元・地下アイドル」、「童顔巨乳グラドル」といった従来のイメージを一新する、ソロシンガーとしての篠崎愛さんから今後も目が離せない!

(P) & (C) 2015 L’s Shit recordings