留守のときの宅配荷物をクルマのトランクで受け取る新サーヴィス、アウディが開発

写真拡大

配送ドライヴァーが、家を不在にしている顧客のクルマのトランクに宅配荷物を入れるシステムを、アウディとアマゾン、そして国際輸送物流会社のDHLが提携して開発した。

「留守のときの宅配荷物をクルマのトランクで受け取る新サーヴィス、アウディが開発」の写真・リンク付きの記事はこちら

留守にするときの宅配便は、宅配業者にとっても顧客にとっても困りものだ。そこで、アウディとアマゾン、そして国際輸送物流会社のDHLが手を結び、顧客の自動車のトランクに、配送ドライヴァーが宅配荷物をしまってくれるシステムを開発した。アウディ製の車両で、自宅や職場など指定の駐車場に置かれていれば、という条件つきだ。

キーレスの一時認証を発行することで、DHLの配送ドライヴァーは、アウディ車のトランクを開けて荷物を入れ、再び閉める。翌日に再配達する必要がなくなるので、配送ドライヴァーにとっては時間節約となるし、職場に駐めた車でも荷物を受け取れるため、受取人にとっても便利だ。

配送ドライヴァーは、一定時間内に1回限り有効なデジタル・アクセスコードを受け取る。いったんトランクを閉めてしまうと、このコードは使えなくなる。将来的には、荷物を届けるだけでなく、顧客が自家用車のトランク内に置いた荷物を配送ドライヴァーが集荷できるようにする計画もある。

ドイツのミュンヘンで、来月から試験的に開始される予定だ。

TAG

AmazonAudiDeliveryWIRED US