「バイオの悪童」は、クローンマンモスを実現できるか

写真拡大

マンモスのクローン作成を夢見る科学者がいる。遺伝学界の悪童、黄禹錫(ファン・ウソク)だ。いくつもの壁があるものの、技術的には決して不可能ではないという。

「「バイオの悪童」は、クローンマンモスを実現できるか」の写真・リンク付きの記事はこちら

ヒト幹細胞のクローン作成に成功したと虚偽の主張をしたことで知られる韓国の生物学者、黄禹錫(ファン・ウソク)は、遺伝学界の悪童だ。

その彼が先週、シベリアで2万8,000年前の氷漬けのケナガマンモスの骨から細胞を取り出した。目的はひとつ──マンモスの復活である。

“大当たり”を探して

ファンの計画が成功するとは思えない。それは技術的に不可能だからではなく、彼の手法でクローンマンモスをつくるには、“無傷のDNA”が必要だからである。

宇宙からの紫外線は、犬や木、ダニから象までといったあらゆる生物のDNAを攻撃し、切り刻んでいる。そのため、マンモスの死骸に含まれるDNAはほぼ確実に、数千年にわたる宇宙線被曝によって破壊されているのである。

「1,000年も生きる植物がいるのは、DNAが毎日修復されているからです」。そう語るのは、ハーバード大学の遺伝学者で、自身もロング・ナウ基金でマンモス復活プロジェクトに関わっているジョージ・チャーチだ。「マンモスを復活させる際の問題は、サンプルが凍結していることではなく、宇宙線の作用によって完全なDNAが得られないことです。サンプルのなかには完璧な凍結状態のものもありますが、それでもDNAはずたずたになっています」

この問題を解決しうるのは、「CRISPR/Cas9」と呼ばれるDNAの切り貼りを行うテクノロジーだとチャーチは言う。「DNAが断片化されていてもコンピューター上でつなぎ合わせることで、そのDNAをマンモスと近い親戚であるアジアゾウのものと対応させることが可能になるのです」

しかし、CRISPR/Cas9は非常に高価だ。マンモスのゲノムは約40億塩基対あり、断片化されたDNAの平均的な長さは600塩基対。これらをすべてつなぎ合わせるのは大仕事になる。だからこそファンは、“大当たり”を求めて、いまも完全なDNAの抽出作業を続けているのだろう。

もうひとつの壁

カリフォルニア大学デーヴィス校の遺伝学者ポール・ノフラーは、マンモスを復活させる際の「倫理上の問題」を心配している。仮になんとかしてマンモスのゲノムを手に入れたとしても、赤ちゃんマンモスを生み出すにはゾウの子宮が必要になる。これにはいくつかの問題がある、とノフラーは指摘する。

第一に、マンモスのクローンをつくろうと思ったらゾウの子宮を約2年間借りなければいけないが、その間に絶滅危惧種であるゾウが繁殖できなくなること。そして第二に、ゾウは5年に一度しか排卵せず、卵子の摘出も非常に困難であることだ。マンモスをつくり出すには、その卵子が数千は必要になるという。

クローンができたとしても

しかし、クローン作成は困難だが不可能ではない。分子生物学は日々進化しており、「de-extinction(絶滅種の復活)」のような注目のプロジェクトには大きな資金がつくだろう。もし誰かが赤ちゃんマンモスを誕生させることに成功したとしたら、いったいどんなことが起きるのだろう?

「マンモスはジュラシックパーク行きでしょうか。それとも動物園に入れられるのでしょうか。ほとんどの人は、こうした場所でしかマンモスを見ることはできないでしょう」とノフラーは言う。彼自身もマンモスを見てみたい気持ちはあるというが、「それでも、ただ単に客寄せのために生まれるクローンマンモスは幸せとは思えません」。

復活させたマンモスをどうするつもりなのか、ファンは明らかにしていない。もちろんマンモスの復活は想像の話で、彼はまだ見つかるかもわからない無傷の二重螺旋を探している最中である。

しかし、彼を甘く見てはいけない。ファン・ウソクは簡単に諦める男ではないのだ。2006年、幹細胞クローン騒動の裁判で、彼はロシアのマフィアからマンモスの組織を買ったことを認め、メディアからも国からも、世界中の科学コミュニティからも酷評されている。それでもクローンマンモスを夢見る「悪童」は、宇宙線被曝くらいのことで、計画を放棄するわけはないのである。

関連記事1万年前のマンモスから「液体の血液」を採取

TAG

BiologyCloneGeneticsWIRED US