写真提供:マイナビニュース

写真拡大

スマホアプリ「部活DO!」の「乾杯!ほろ酔いプロ野球部」は4月27日、各球団の"レジェンド"と呼ばれるOBたちが出演するトークライブイベント「あなたのチームは大丈夫!?プロ野球レジェンドが斬る!開幕1ヶ月通信簿」を開催する。

トークライブで舌戦を繰り広げるのは、セ・リーグ各球団のプロ野球OBで、槙原寛己氏(元巨人)、桧山進次郎氏(元阪神)、立浪和義氏(元中日)、駒田徳広氏(元横浜)、川崎憲次郎氏(元ヤクルト)、小早川毅彦氏(元広島)。開催に先がけこのほど、出演予定のOBたちが今シーズンのプロ野球についてコメントを発表した。

槙原氏、駒田氏、川崎氏らは巨人の問題点について鋭く切り込んだ。新加入の相川選手、捕手に復帰した阿部選手が相次いで故障離脱。スタメンでは、井端選手、金城選手らのベテランが名を連ねていることから、一向に進まない若手の台頭に「若手育成! 」を大きく訴えた。

横浜OBの駒田氏は、「マシンガン打線の再来」とも言われる横浜DeNAについて「持続力があるかどうか? 当時のマシンガン打線と比べ、パンチ力はあるが少し大味」と辛口のコメント。打線が好調で一時は首位に立った横浜DeNAだが、立浪氏も「ミスの多さが目立つ」と評しており、優勝への道のりの険しさを指摘した。

パリーグの投手タイトルについては、立浪氏は「大谷選手が最多勝・防御率・奪三振王の3冠に輝く」とコメントした。駒田氏・槙原氏も最多勝・奪三振王に大谷選手を挙げるなど、20歳の怪物に各OBが太鼓判を押した。

イベントは東京都中央区の「BLUE MOOD」にて20時に開始、22時まで行われる。参加費は4,500円。

(フォルサ)