異星人を見つけるための、2045年までのステップ

写真拡大

NASAは、2045年までに地球外生命体を発見しうると考えているという。しかし、現段階においては、10万以上の銀河を調査しても、まだ地球外生命体は見つかっていない。

「異星人を見つけるための、2045年までのステップ」の写真・リンク付きの記事はこちら

宇宙には生命が存在する--そう確信している人はたくさんいる(当然のことながら、地球を別にしての話だ)。まず、NASAがそうだ。特に、太陽系のさまざまな場所において水の存在を発見したいまでは。問題があるとしたら、それは地球外生命体がどれだけ遠くにいるか、そして、発見するのにどれほどの時間がかかるかを明らかにすることだ。

同じくこのアメリカの宇宙機関によれば、2025〜2045年までに異星人を発見することも、「ありうる」ことだという。しかし、いま唯一確かなことは、わたしたちはまだ何も見つけていない、ということだ。

米ペンシルヴァニア州立大学による「地球外生命体探索のための最大の科学ミッション」では、広域赤外線探査衛星 (WISE:Wide-field Infrared Survey Explorer)を使い、疑わしい赤外線の信号を求めて、10万以上の銀河が調査された。しかし、少なくともいままでのところ、他の生命体にかかわるような事象は何も検出されていない(研究の結果は、学術誌『Astrophysical Journal』において発表された)。

ペンシルヴァニア州立大学太陽系外惑星・居住可能世界センター天文学・宇宙物理学教授、ジェイソン・T・ライトはこう説明する。「わたしたちの探索の前提として、『もし銀河全体が発展した文明によって開拓されていれば、そのような文明のテクノロジーによって生み出されるエネルギーは、中赤外線の波長のなかで観察することができるはずだ』という考えがあります。これは、まさにWISEが検出することのできる波長です」

異星人を見つけ出せてはいないが、科学者たちは、興味深いことを観察した。観察した10万中50の銀河では、中赤外線において、「尋常ではなく高い」レヴェルの放射を発している。これはおそらく、何らかのまだ知られていない“天然の宇宙物理学的プロセス”に起因するものだ。

「つまり、わたしたちの観察結果が示しているのは、WISEが十分な解像度で観察することのできる10万の銀河のうちのどこにも、発展した文明が住みついていないということです」(ライト)

非常に興味深い。なぜなら、これらは何十億歳の古い銀河で、発展した生命体を育むのにふさわしい年齢のはずだからだ。ここには2つの可能性がある。そうしたものが存在しないか、あるいはわたしたちが認識できるほど十分なエネルギーをまだ利用していないかだ。

しかしながら、赤外線が地球外生命体の唯一のサインというわけではない。実際、『フォーブス』でイーサン・シーゲルが説明しているように、別のものにも目を向けられる。

「惑星に生命が存在するとき、これは、不可避的に、何らかのエネルギー源からエネルギーを変換し始めます。このことは当然、あるタイプの分子の別のタイプの分子への変化を伴います。したがって、わたしたちは例えば、窒素酸化物(地球上のように)、二酸化炭素、水蒸気、メタンを探すことができます。そして、わたしたちはどうすればいいか知っています。分光法を使うのです」。分光法、つまり、放出される光のスペクトルの分析だ。これによって、光源の化学組成についての決定的な情報が明らかされる。

どうやら結論に至るまで、わたしたちはまだもう少し、待つしかないようだ。

TAG

AlienSpaceWIRED ITWISE