ドコモのスマホを機種変したので、毎月のスマホ料金が新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」に変更になった。このプランは家族で分け合うとお得なのだが、1人で使うにはやや割高。「話し放題にされてもそれほど通話しないしなぁ〜」と思いながらも、仕方なく2GBの「データSパック」3500円を契約し、月額のスマホ代金が6500円になった。う〜ん高い……。この機会にMVNOの格安スマホにすることも考えたが、すぐにその案はなくなった。その理由はMVNOの端末では「おサイフケータイ」が使えないから。

 日々の出費で地道にポイントを貯めるために、「おサイフケータイ」は必須。コンビニならたいていの電子マネーが利用できるが、まだまだSuicaだけとか、楽天Edyだけといった店舗は多い。どんな店舗で買い物する時でも電子マネーが伝えるかどうかに目を光らせているので、瞬時に利用する電子マネーを選べる「おサイフケータイ」の有無は重要だ。これが使えないといちいちプラスチックカードを出すのが面倒になって、ポイントが貯められない。

 しかし423日に行なわれた「楽天モバイルの記者発表」で、「おサイフケータイ」搭載の格安スマホが登場! 「MVNOアリかも!」と期待が広がった。

 その端末はソニーモバイルのXperia J1 Compact』。おサイフケータイ機能が搭載されているだけでなく、ちゃんと防水。当初は楽天Edyだけだが、特に制限することなく、他の電子マネーにも解放すると言う。

009rensai-1

おサイフケータイや防水機能が搭載された『Xperia J1 Compact』。Xperiaだけに写真や映像の美しさは文句なしだ

009rensai-2

発表会で楽天Edyをシャリ〜ン♪してみせ、満面の笑みを浮かべる楽天副社長の平井康文氏

 長〜い前振りになったが、ここからが本題!

 さらにすごいのが契約時のキャンペーンでもらえる楽天Edyや楽天スーパーポイントだ。端末を一括購入するとEdy5000円分がもらえ(〜2015530日まで)、購入後に楽天Edyを使うと、楽天スーパーポイントが2倍貯まる(20156月〜201512月までの決済が対象)。

009rensai-3

 しかも楽天モバイルを契約することで、楽天市場で買い物した時のポイントも1年間2倍になるのだ(〜2015530日までの申し込み)。楽天スーパーポイント付きまくりじゃないか! スゴすぎる〜(_;) ちょっと興奮してしまったが、ここで頭を冷やしてよく考えてみよう。

009rensai-4

 楽天Edy2倍と言うことは通常、買い物200円ごとに1ポイントが貯まるので、0.5%のポイント還元率が1%にアップするということ。このEdyへのチャージを楽天カードから行なうと、200円で1ポイントが貯まるので、合計すると1.5%のポイント還元率になる。仮に月1万円分を楽天Edyで買い物するとして、いったいいくらの楽天スーパーポイントが貯まるの?

●楽天Edy2倍のキャンペーンで貯まる楽天スーパーポイント(月1万円の場合)
楽天Edyで買い物
 1万円÷200円で1ポイント×ポイント2倍=100ポイント
楽天カードで楽天Edyをチャージ
 1万円÷200円で1ポイント=50ポイント
キャンペーン期間が20156月〜201512月までなので7か月間
 (100ポイント+50ポイント)×7か月=1050ポイントもらえる!

 次に楽天市場での買い物について。楽天モバイルの契約者かどうかは楽天IDの情報に入っているので、スマホとパソコンのどちらで買っても1年間ポイントが2倍になる。この特典は20155月〜20164月までの楽天市場の商品購入が対象。楽天ブックスは対象外で、ポイントの上限は毎月3万円までの購入分(300ポイント)だ。この特典を最大限に利用したら、いったいどれくらいのポイントが得られるの?

●楽天市場1年間2倍のキャンペーンで貯まる楽天スーパーポイント(月3万円の場合)
楽天市場で買い物
 3万円÷100円で1ポイント×ポイント2倍=600ポイント
楽天カードで楽天市場の代金を決済
 3万円÷100円で1ポイント=300ポイント
 (※楽天市場でのその他のキャンペーンは対象外)
キャンペーン期間が20155月〜20164月までなので12か月間
 (600ポイント+300ポイント)×12か月=1万800ポイントもらえる!

009rensai-5

 これらを総合すると、いったいいくらお得になるの? 楽天モバイルの通話SIMの最低利用期間は12か月。これ以前に解約すると違約金9800円が発生してしまうので、SIM 3.1GBパックを1年間使ったケースで試算してみた。

●支出
Xperia J1 Compact』一括購入代金 59184
毎月のスマホ代金 通話SIM 3.1GBパックで1600円×12か月=19200円(通話料別)
合計 7万8384円(別途、楽天Edyと楽天市場の買い物代)

●収入
一括購入で楽天Edy5000円分
毎月1万円の楽天Edyの利用で1050ポイント
毎月3万円の楽天市場の利用で1800ポイント
合計 1万6850円分の楽天Edyと楽天スーパーポイント

 端末代金は必要になるものの、得られる16850円分の楽天Edyと楽天スーパーポイントで、10.5か月分のスマホ料金が支払える計算だ。もちろん毎月の支出として楽天Edyでの買い物1万円分、楽天市場の買い物3万円分があっての話しだから、みんながみんなこれほど得できるワケではないが、毎月4万円くらいの買い物をしている人なら、乗り換えるきっかけになりそうだ。やっぱ「MVNOアリかも!」

 と言いつつ、2月に機種変したばかりの私は、しっかり2年間分のドコモの月々サポートを受けてから、改めてMVNOへの乗り換えを考えることにする。その頃にはさらに新しいXperia』が発売されていて、全ての電子マネーに対応しているといいな♪

■関連情報
http://mobile.rakuten.co.jp/

文/綿谷禎子