第49回:羽生結弦

春場所(3月場所)で
34回目の優勝を飾った横綱。
その後、春巡業の合間には、
フィギュアスケートの
羽生結弦選手の演技を観戦し
大いに刺激を受けたという――。

 大相撲春場所(3月場所)が終わった1週間後から、私たち大相撲一行は、春巡業で全国各地を回りました。恒例の伊勢神宮(三重県)奉納大相撲で始まって、そのあとは兵庫県を訪問。今年は、阪神淡路大震災(1995年)から20年ということもあって、力士たちによる献花式も行なわれました。また、4月2日には、高野山(和歌山県)開創1200年という大法会の場で、私と日馬富士が土俵入りをするという、稀有(けう)な経験をさせていただくこともできました。

 その翌日には、これまた恒例の靖国神社(東京都)奉納相撲が、満開の桜が咲き誇る中、行なわれました。多くのファンの方々が足を運んでくれて、例年以上に盛り上がったと思います。実はその際、支度部屋には妻と3人の子どもたちが陣中見舞いにやってきてくれて、なんとなくホッとした気持ちになりました。ちょっと癒されて、巡業への励みになりましたね。

 ところで、先の春場所では、苦しみながらも通算34回目の優勝を飾ることができました。応援していただいた皆様には、心より感謝申し上げます。

 優勝33回という史上最多記録を達成した初場所(1月場所)のあと、私は改めて「さらに上を目指す」という志をもって、優勝36回という数字を自身の目標に掲げました(参照記事=3月18日配信「史上最多優勝を遂げた横綱が次に狙う『記録』」)。しかし、優勝というのは、あくまでも1回、1回の積み重ねです。それは、これまでもずっとそうでした。もちろん、これからも変わらないと思うのですが、3月11日に30歳を迎えた私にとっては、1回の優勝というものの"重み"が、以前にも増して大きくなっているような気がします。

 そうは言っても、一番、一番、全力を尽くしていく思いに変わりはありません。まして、優勝というのは、一日一番の白星から始まるのですから、初日を迎えたら、その目の前の一番に集中していくだけです。

 そんな変わらぬ信念を持って挑んだ春場所。7日目を終えた時点で、全勝は私と、関脇の照ノ富士、そして平幕の安美錦関の3人となり、11日目から安美錦関が休場すると、優勝争いは完全に私と照ノ富士のふたりに絞られました。

 23歳の照ノ富士はパワーがみなぎっていて、その相撲からは底知れぬ強さを感じました。優勝を争ううえでは、非常に手強い相手だな、と思いましたね。

 迎えた13日目、全勝の私と2敗の照ノ富士との対決が組まれました。勝てば優勝が決まる、この一番。私は、「一気に優勝を決めたい」と思いました。加えて、昨年の九州場所(11月場所)から続く連勝も36まで伸びていて、「このまま連勝記録を伸ばしたい」という気持ちも強かったですね。

 しかし結果は、照ノ富士の寄り切り勝ち。いろいろな思いを抱いて、「勝ちたい」という気持ち、その欲が強くなり過ぎたのかもしれません。

 翌14日目も、照ノ富士は話題の逸ノ城に勝利。4分に届こうかという長い相撲を制して、鳥取城北高校の先輩としての貫録を示しました。

 こうして、私が照ノ富士をひとつリードした形で、優勝の行方はついに千秋楽の結びの一番まで持ち越されました。先に13勝2敗で終えた照ノ富士が見守る中、土俵上で待っていたのは、照ノ富士が所属する伊勢ヶ濱部屋の兄弟子、日馬富士との対戦です。

 私が勝てば優勝、もし敗れれば、照ノ富士との優勝決定戦となります。会場となる大阪府立体育館は、いやがうえにも盛り上がって、相撲は相譲らぬ闘いになりました。弟弟子の援護射撃という意味もあって、日馬富士も相当気合いが入っていました。長時間の熱戦となり、日馬富士はさまざまな手を繰り出してきて、その度に多くのファンのボルテージが上がっていくのもわかりました。

 けれども、私も負けるわけにはいきません。慎重に相撲をとって、最後は日馬富士を寄り切って勝利。苦労の末に、なんとか34回目の優勝を手にしました。これで、6場所連続優勝となりましたが、偉大な記録を刻んできたそれらの優勝とはまた違った喜びというか、感慨深いものがありましたね。

 さて、「優勝」と言えば、フィギュアスケートの羽生結弦選手が素晴らしかったですね。今シーズン(2014−2015)最後の公式戦、世界国別対抗戦でも男子シングルのショート、フリーで1位と、圧巻の演技を披露し、日本の3位表彰台獲得に貢献しました。

 彼には前々から注目していて、金メダルに輝いたソチ五輪はもちろん、あらゆる大会で奮闘する姿をずっと見てきました。そして先日、世界国別対抗戦では、ついにその姿を生で観戦する機会に恵まれました。緊張感高まる雰囲気の中、堂々と、なおかつ美しい滑りを見せる羽生選手には、本当に感動させられました。

 ピーンと張り詰めた会場の空気は、フィギュアスケート独特のものなのでしょうね。これが、五輪会場だったら、どれほどの緊迫感が漂うのか。各選手にかかるプレッシャーなど、とても想像に及びません。羽生選手は、そうした重圧に打ち勝って金メダルを獲得。だからこそ、多くの人たちに感動を与え、見ている者の心を揺さぶることができるのでしょう。

 かねてから思っていることなのですが、勝負の場では、運をつかむ人と、そうじゃない人と、2種類の人が存在すると思います。そこで、勝者となるのは、もちろん運をつかみとる力がある人です。それも、実力のうちだと思っています。

 羽生選手は、まさに運をつかみとる力がある人です。今季序盤はケガなどアクシデントに見舞われましたが、結局最後には最高の形でシーズンを終えましたからね。

 また、羽生選手は20歳という若さながら、「王者の責任感」というものを持ち合わせていますよね。22歳で横綱に昇進した私も、「横綱の責任感」とは何なのか、ずっと考えながら相撲をとってきましたからわかります。そして、羽生選手には「もう、後には引き返せない」――そうした思いを背負った人間の強さを、改めて見せてもらったような気がします。

 頂点に立つ人間が、その責任と結果を果たす姿は、とても美しかったです。すごく貴重な経験をさせてもらいました。

武田葉月●構成 text by Takeda Hazuki