あと一歩でトップ10フィニッシュだった横峯※写真は3日目(Photo by Robert Laberge/Getty Images)

写真拡大

<スインギング・スカートLPGAクラシック 最終日◇26日◇レイクマーセッドゴルフクラブ>
 サンフランシスコにあるレイクマーセッドGCで開催された、米国女子ツアー「スインギング・スカートLPGAクラシック」の最終日。プレーオフを制し、世界ランクNo.1のリディア・コ(ニュージーランド)が連覇を達成。日本勢の最上位は11位タイの横峯さくらだった。
横峯さくらのメジャー終了直後動画インタビュー
 横峯は前半で2つスコアを伸ばして折り返したが、13番でティショットがバンカーの縁へ。「ちゃんとレイアップするべきだったのを狙ってしまって、ブッシュに入ってしまった」とこのホールで痛恨のダブルボギーを叩いてしまう。その後は16番でスコアを1つ伸ばしホールアウト。ゴルフに"たられば”は禁物だがダボがなければ今季2度目のトップ10フィニッシュだった。
 少し悔いの残る結果だが、「終わって見たらアンダーパーで回れているので私の実力としてはこんなものかなと思う」と冷静に話した横峯。この試合はマンデーを突破して出場、「今週はボーナスステージ。マンデーに通ってなかったらこの試合にも出られてない。11位タイにもいなかった。また良い経験をしたと思う」と長い一週間だったが、得るものがあった。
 この試合では3日目に“77”を叩き、優勝争いから後退。「私の課題としては4日間波のないゴルフをすることです」。徐々に調子を上げてきている横峯、課題と向き合いながら米ツアーでの優勝に向け一歩一歩前進を続ける。

【最終結果】
優勝:リディア・コ(-8)※プレーオフ
2位:モーガン・プレッセル(-8)
3位:ブルック・ヘンダーソン(-7)
4位:カク・ミンソ(-6)
5位:フォン・シャンシャン(-5)
6位T:ステイシー・ルイス(-4)
6位T:ハナ・ジャン(-4)
6位T:エイミー・ヤン(-4)
9位T:イ・ミリム(-3)
9位T:キム・セヨン(-3)
11位T:横峯さくら(-2)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>