高野苺『orange』実写映画化!2015年12月に全国東宝系で公開

写真拡大

 高野苺の青春SFラブストーリー『orange(オレンジ)』(双葉社「月刊アクション」連載中)の実写映画化が決定した。2015年12月に全国東宝系で公開予定。なお、監督、キャスト情報は後日発表される。

【関連:『テトリス』がSF実写映画化?“壮大”コメントに海外では冷静な意見も】

orange スターターブック

 『orange』は、長野県松本市を舞台に繰り広げられる高校2年生のクラスメイト6人による青春SFラブストーリー。
現在1巻から4巻まで発売中で、累計150万部を突破。『全国書店員が選んだおすすめコミック2015』5位、『次にくるマンガ大賞2015』12位、『このマンガがすごい!2015 オトコ編』 15位にもランクインするなど、女性のみならず多くの男性からも支持されている作品だ。

 『orange』の特設サイトでは、原作イラストの美しさを最大限に活かしたスペシャルムービーが公開中。また、映画公開までの期間限定で、Amazon Kindleストアにて高野苺のメッセージ入り『orange スターターブック』が無料公開されている。